倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2019年05月01日

クラブセッティングのご相談です

【読者様からの質問】
「倉木様
いつもご教示いただき誠にありがとうございます。
http://golfjyoutatu.seesaa.net/article/463937296.html 

にてアドバイス頂いた通り、ハイブリッドをリシャフトしました。全体の流れとしてはよくなったと考えております。

今の時点でのセッティングです。今年はこのセッティングで行きたいと思います。

ドライバー
ping g400 sftec
ping tour 65s

フェアウェイウッド

PING G25 PING TFC 360F

ping g400ハイブリッド 22度
モーダス 105 s

ping g20 27度
モーダス 105 s

ping g400アイアン
6からP
モーダス 105s

PING グライド
50 56度
ダイナミックゴールドs200

質問事項
@フェアウェイウッドのシャフトについて
 当たれば距離が出るが、チョロのミスも発生する。ハイブリッドからの流れでNS PRO850FWや島田シャフトのスチールシャフトへのリシャフトを考えている。5Wには飛ばすことよりも確実に200ヤードを飛ばすクラブにしたい。他のカーボンシャフトでおすすめのがあればご教示願います。

Aウェッジについて
 フルスイングによるフックを避ける目的で重いシャフトにしています。流れに問題ないかをご教示願います。また、追加すべきウェッジがあればご教示願います。

参考 177センチ 84キロ 
35歳 ベスグロ94 平均100〜105 ヘッドスピード 秒速42メートル

よく行くコースは距離が短いので現時点では3Wを必要としていません。しかし、山岳コースで強い風が吹くこと、グリーンが早いことを考えて飛距離よりも安定して同じ距離が出せるクラブをそろえたいと思っております。

よろしくお願いいたします。」



【倉木真二の回答】
・1について
クラブセッティングがどうというより単にクラブが長くロフト角が小さいものを打つスイング技術の問題だと思いますので当面は今のまま練習した方が良いと感じます。
NS850FWは流れに合っていません。
簡単に言うと剛性が低すぎます。

・2について
シャフト自体に問題はありません。
より具体的にアドバイスしますと、シャフト単体ではなく他の番手との長さ、カット方法、クラブの長さに対するヘッド重量の流れなども含めて考える必要があります。
ウェッジのフルショット時のフック防止をライ角調整に頼らない考えは正しいです。
(ウェッジのコントロールスイング時のフック帽子をライ角調整(フラットにする)に頼るのは正しい)