ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2018年10月16日

シャフトセッティングのご相談です

【読者様からの質問】
「倉木さんこんにちは。
ブログ参考にさせていただいております。
二点質問させていただきたく思います。

質問1
ドライバーのシャフトでディアマナbf60xも所持しています。
スリーブをつけて計測すると
45 d3.5 314gとなっています。
ミスとすれば力のない右への球が多いです。
グリップが購入時のままのマルチコンパウンドになっているので、ベルベットラバーm60に変更するとグリップ重量でバランスダウンが見込まれるかと思います。
全体的な流れからbfは適切でしょうか?
それともシルバーのほうがあっているでしょうか?
またシャフトカットなど必要がありそうなら教えていただきたいです。

質問2
アイアン型utを試してみたいので、それをどう組めば良いか知りたいと思います。
プロのセッティングを見るとDIハイブリットなどのカーボンが意外にも多いと感じたため、興味があります。
もちろんスチールでも良いと考えています。
いくつかの組み方の候補を知りたいのでお願いします。


HS47〜49 身長163センチ 全てベルベットラバーm60

1w m2 10.5° クロカゲシルバー70x 44.75 D1 324g

3w m2 15° カイリ70s 43 d2 328g 0.5インチチップカット

5w m2ツアー 18° ディアマナw70s 41.75 d3 340g 0.5インチチップカット

3ut スリクソンz u85 20° 以下未定

4i t-mb718 c-taper120s 38.25 d1.5

5〜p ミズノ518 c-taper120s

52° sm6 モーダス125s

58° sm7 モーダス125s

何卒よろしくお願いいたします。」



【倉木真二の回答】
・1について
どちらかと言えばシルバーの方が「わずかに良い」というレベルです。
つまりBF60Xもシルバー70Xもさほど流れに合っていません。
おそらく考えているであろう事を実現したいなら流れを重視せずディアマナRF60Xで良いと思います。

・2について
流れに合わせるのであれば

・Cテーパー95
・ツアーV
・モーダス105

などが良いです。

アイアン型ユーティリティは少しつかまりが悪いので、つかまりを良くしたい場合はKBS105も良いです。

カーボンであれば

・アクラツアーZ
・DIハイブリッド

あたりが妥当ですがDIだと少し手元が硬く感じるようになりますので打ち出しは高めになります。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法