ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2018年12月07日

ドライバーの安定感に関するご相談です

【読者様からの質問】
「私は28才くらいからゴルフを始めて現在は55才になります。
ダラダラと続けて来ましたが、そろそろ内容の良いゴルフをしたいと最近思うようになりました。
そこでご教示頂きたいのが、ドライバーを安定させる方法です。
スイングとクラブ、両方で教えて下さい。
よろしくお願い致します。m(_ _)m
...」



【倉木真二の回答】
安定感の高いドライバーショットを望むのであれば、クラブヘッドは大きく、シャフトは短めの方がクラブセッティング的には有利です。
スイング的には、安定感が高くなりやすいドライバーヘッドに対応したスイングをすることです。
スイング中のフェースターンを少なめにし、スイングプレーンも少しフラット目にした方が、大型ヘッドを扱いやすくなります。
ティーアップを高くすれば飛距離的に有利ですが、安定感を重視するのであれば、低めのティーアップでバックスピン量が少し多めの弾道にした方が良いです。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法