倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2019年06月01日

最後のメッセージです

倉木真二です。

このブログは2006年6月1日より開始しました。
なので、本日2019年6月1日で13年経ちました。
そして、本日をもってこのブログを終了したいと思います。



突然の告知になってしまい、申し訳ございません。
以前にもお伝えしたように、私の活動は年内でお終いとなりますので、年内いっぱいまでブログも行おうと思っておりました。
が、最後のとある活動に専念するため、本日をもって13年続いたゴルフ相談ブログを終了しようと思います。
この更新が、このブログにおける、私の最後のメッセージとなります。
最後なので長めのポエム(笑)などを書いてみたいと思います。



本当に13年も経過したのだろうか?と思うほど、あっという間でした。
気づけば13年経っていたという印象です。

質問件数は合計で1646件になりました。
およそ3日に1件、質問に回答している計算になりますので、それほど多くはないかなという印象です。
今だから言いますが、質問の受付方法を少し目立たなくすることで質問の件数をセーブし、2〜3日に1件、質問が来る程度になればちょうど良いかなと思っていましたので、狙い通りだったと思っています。 笑
もう少し目立つところにわかりやすく質問フォームを設置したら、おそらく、この10倍くらいは質問が来てしまったのではないかと思っています。
1ヶ月程度そうしてみた時期もありましたが、実際、100件以上の質問が来て、回答が滞ってしまった時期もありました。
回答が溜まると、結構、精神的にも辛くなってくるのですが、それでも、すべての質問に回答しました。
回答しなかった質問はゼロです。



13年前の今日、ブログを開始した時に決めたことは

1.全ての読者の質問にお返事すること
2.引退まで続けること

この2つです。

とても覚悟がいるような気がするかもしれませんが、それほど覚悟して始めたわけではありません。
何気なく始めた、というのが正直なところです。
でも、何気なく始めたにしても、キチンとこの2つの約束は守ろうと考えました。
それはなぜかというと、それが私の考えるお客さんへの対応だからです。

自分で言ってしまいますが、私は人が良いので、お客さんを無下にできません。
裏でお客さんの悪口を言ったり、不当に扱いに差をつけることをするのも嫌いです。
(正当なえこひいきはしますが)

「倉木さんのように私もブログを始めました」という商売をやられている人も多々います。
「これからお役立ち情報を発信します」と言ってブログを開始したのですが、1ヶ月程度したら更新頻度が落ちる。
3ヶ月もしたら更新しなくなる。
1年くらいしたら思い出したように「再開します」と書く。
そして、結局、再開せず、ゴーストタウンのような状態になる。

ブログ1つごときで、その人の商売、全てが判断されるわけではありません。
ありませんが、一つの信用の要素になるとは思います。
ブログをやるのであれば、継続しなければなりません。
継続できないのであれば、やらない方が良いと思います。

私のブログを見た私のお客さんで、とある工業用品の修理のお仕事をされている方がいました。
私を真似てブログを始める、と言いました。
今、どうしているか。
見事に継続しています。
何を書いているか。単純です。日々の仕事を、淡々と書き連ねているだけです。
一つ一つの仕事、こだわりのポイント、注意ポイントなど、ただひたすら、書き続ける。
これが見事なブログで、店主の信用に見事に繋がっていると感じます。
口で偉そうなことを言っていても、こうした圧倒的な実績、行動、実直さには、敵わないと思います。
口では様々な誇大妄想、大風呂敷を広げることができますし、それでお客さんも獲得できるかもしれませんが、最後にものを言うのは現実そのもの、事実そのものだと思います。
事実とは、日々、努力してきた軌跡です。
何かドラマチックなことが起こって劇的に、ということではなく、現実は、積み重ねによって気付いたらこんなところにいた、というものだと思います。
ガラッと変わることもあるかと思いますが、それすらも日々、積み重ねてきたものが閾値を超えた瞬間に起きただけであり、結局は積み重ねという現実のみが大切だと私は思います。

13年前のブログを読み返して思うことは、今読むと、とても下手くそな文章だということです。
しかし、当時はなかなか上手く書けていると思っていました。笑

私は文章が上手いと言われることがあります。
しかし、13年前のブログ記事を読んでいただければ分かるように、元々は下手でした。
でも、継続していれば次第に上手くなるものだと思います。

今はブログの時代でもないもかもしれません。
SNSが主流ですね。
でも、何にしても、ビジネスとして発信を開始するのであれば、ぜひ、継続してみて欲しいと思います。
決して悪いことにはならないと思います。
偉そうな説教になってしまいましたね、すみません。話を戻します。



13年間ブログをやってきて1646件の質問に回答してきたわけですが、その質問の大半は覚えています。
覚えていると言っても完全に暗記しているという話ではなく、その記事を見ると「あ、この質問あったな、そしてこんな回答をしたな」という程度です。
記事を見て「こんな質問あったっけ?」「こんな回答したっけ?」と思うことは無いということです。
質問いただいた方々、ありがとうございます。
お役に立てたならば、幸いです。



そもそも、なぜ、私は13年前にこのようなブログを開始したのか。
その一つは

「ゴルファーのことをもっと知りたいため」

です。
ゴルファーはどんなことに悩んでいるのか、その解決に貢献し、同時にゴルファーという人種に対する理解を、より深めること。
それが目的の1つでした。

ついでに言うと、質問をするゴルファーも悩みを解決できて知識もついて成長できる。
私もゴルファーを理解できてゴルフ指導者としての成長につながる。
ブログを見ている人たちも参考になる。
みんなお得で良いブログです。

ブログ開始の理由はもう1つあります。
これは一度も言ったことがありません。
最後なので言います。
それは信用です。



13年前の今日、私はインターネット上でゴルフのレッスン教材の販売を開始することを決めました。
しかし、当然ですが、私には全く信用がありません。
実店舗ではお客さんの信用を得ていても、インターネットで教材の販売をするなど初めてのことであり、名前も知られていませんし、全くゼロからのスタートです。
なので、信用をゼロから築き上げる必要がある。
そこで、ブログをスタートし、継続して信用を作っていこうと考えたわけです。
もちろん、これが理由の全てではなく、これも理由の1つであった、という話です。

2006年の10月に教材の販売を開始しました。
ブログを読んでくれていた方の多くは、教材を購入してくれました。
それ以外の人たちの反応は、最初のうちは色々な場所で「怪しい」「詐欺なのではないか」という感じで、色々と言われました。
でも、私は気にせず、すべきことを継続しました。
その一つに、ブログがあったわけです。
継続すれば信用になると信じていたからです。
これは、信用させて騙そうといういやらしい話ではなく、信用を得るためには口でアレコレと言うのではなく行動を継続するしかないのだという話です。
結局、最後は現実、事実のみが全てということです。

私の販売する全ての教材には無条件返金保証が付いていました。
いかなる理由であろうとも返金を申し出る人には返金するという約束です。
教材の販売を開始してから13年近くになりますが、ずっとやってきました。

返金を拒んだことはありませんし、あとから何かと難癖をつけて返金を渋ったこともありません。
なので、返金トラブルになったことは一度もありません。
これは、私の勝負でした。
価格以上の価値を提供できているか、どうかの勝負です。
毎回が勝負でした。
返金があまりに多いなら、私のノウハウには価値がなく、私は情報発信をする価値が無い人間ということになります。
私は情報発信をする価値がある人間なのか、そうではないのか。
それを決めるのは私ではなく、実際にお金を払って教材を購入した方が決めることだという考えです。
実際、返金は13年間で数える程しかありませんでしたので、私は価格以上の価値を提供できたと信じています。

そうした返金の約束やブログなどを継続するうちに「怪しい」「詐欺かも」という声は殆ど無くなりました。
当然ですが、騙すことが目的であれば13年もブログなどやりませんし、返金保証もトラブルになります。



倉木真二は顔も見えない。
どこにいるのかも分からない。
まったく謎。
怪しい。

活動初期、そう言われました。
全くもって、当然だと思います。
100%、まともな反応だと思います。
実際、教材の販売ページなど、怪しいものでした。
それでも私は気にせず、ブログを継続しました。
信用は行動で作り上げていくものだと思っていたからです。

私の活動理念の一つに

「何を言っているかで判断してほしい」

というものがありました。
というか、情報発信の理念としては、これしかありませんでした。
私がどこの何者だろうと構わない。
ただ、言っていることが合理的で有効なのか、または、論理的に破綻していて、有効ではないノウハウなのか、ということです。

正しいノウハウというものは、誰が言っているかは関係ありません。
正しいものは正しい。

たとえ、肩書きが立派で人脈豊富で有名で有名ゴルフ雑誌にしょっちゅう顔を出していても、間違っていることを言っていたら間違っている。
それだけです。

正しいことを言うということはノウハウが論理的であり、有効であるということです。
そうした情報を発信し続け、返金保証をした教材の販売を行なっていくためには常に学び続けなければなりません。

それは結局、ノウハウを知るゴルファーの為になります。
なので、「何者なのか」ではなく「何を言っているか」で評価して欲しいと思っていました。
そのための最低限の信用としてブログの継続は必須だと考えていました。

結局、何が言いたいかというと、私にとっても、お客さんにとっても、その周りの人にとっても、全てにとってプラスになることをやろうと思い、その仕組みを考え、ただひたすらやり続けてきたということです。
これは簡単なことではありませんでした。
常に評価、勝負に晒されますので、努力が必要です。
でも、その努力がお客さんにとっても、私にってもプラスになりますから、誰も損をしません。
そして、この13年間を振り返ると、その全ては成功だったと思います。
考えを間違えなくて良かったと思います。
間違えとは何かというと、己の利益に偏りすぎてしまうということです。
自分が、そうはならなかったことにひとまず安心しています。



でも、まさか終わりが来るとは思っていませんでしたね。
もちろんいつかは終わるわけですが、それが今日になるとは思わなかったというか、そんな気持ちです。
寂しい気持ちもありますが、ブログを開始した時に心に秘めた約束を13年間守ることができて、誇りに思っています。
始めるのは簡単ですが、続けるのは大変ですね。
でも、続けることには大きな価値があると私は信じます。
私はやってよかったと思っていますよ。

今がブログのアクセスのピークです。
というか、年々、ピークを更新している感じです。
そんな時期に終われるなんて、本当に幸せ者ですね。

思ったことをバラバラと書きましたので、何だかよく分からない記事だったかと思います。
ひとまず、最後に書きたいことを書かせていただきました。
読みにくい文章ですみません。

それと、ブログの記事は当分、残しておこうと思います。
記事の更新が無く放置するとブログがどうなるか分からないのですが、残した記事が皆様のお役に立てば幸いです。

みなさん、ゴルフは素晴らしいものですよ。
ゴルフとは、多くのものを奪っていくのか、与えてくれるのか、悩んだ時期もありました。
今となっては、奪うとか、与えるとか、そういったこととは違う、ゴルフそのものへのありがたさを感じています。



最後に、このブログを読んでくれた全ての人へ。

読んでくれて、ありがとう。
さようなら。
どうかお元気で、これからもゴルフを楽しんでください。
あなたのゴルフ人生に良い影響を与えることができたならば、私はとても嬉しいです。

あなたのゴルフ人生がより良いものになりますように!



2019年6月1日
倉木 真二