ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2018年10月11日

シャフト選びのご相談です

【読者様からの質問】
「はじめまして。
楽しく拝見させていただいております。

ゴルフ歴6年
平均スコア90
ドライバーのHS45程度(ユピテル+レンジボール)
体格は細身
といった者です。

1年ほどプロゴルファーの指導を受けて、最近安定したゴルフができるようになりました。

そのプロやシングルハンデの方に言われて、modus125Sのアイアンに新調しました。
というのも、それまでのmodus120Sではいい時と悪い時の差が顕著でどうもタイミングがとりづらく
感じていたためです。
125Sではタイミングは取りやすくなったのですが、重さが気になります。
小生にはオーバースペックでしょうか?

その場合、同じタイミングの取りやすいスペックの合うシャフトは何でしょうか?

よろしくご教授願います。

現在のスペックです。
1W:TOUR AD Mj6S
4W:TOUR AD Mj7S
4UT:modus 105S
5I~PW:modus 125S
AW.SW:modus 120X
ドライバーは regio formula mb 55 Sにリシャフトを予定しています。」



【倉木真二の回答】
やや重めではありますがスイングバランスをD1程度にしておけばヘッド重量が重くなりすぎないので良いと考えます。
シャフトはヘッドスピードに対して少しハードですがこれからヘッドスピードを上げる考えがあるならば今のままでも良いです。
モーダス125Sにフィーリングを合わせる場合、ドライバーは65の方が良いです。

今のヘッドスピード等に合わせるのであればNS1050のSフレックスが良いです。
ダウンスイングでは少し手元がしなり、インパクトでも先端が少ししなります。
つまりMJとしなり方が似ていますので基本的に相性が良いです。
アイアンをNS1050にする場合4UTはグラファイトデザインのAD 85などが良いと感じます。

モーダス120は手元が軟らかく先端が硬いのでそのようなタイプは合わないのだと推測します。
ヘッドスピードを上げていく考えで挑戦していくのであればモーダス125のままでも良いです。


 




ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法