ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2017年08月03日

シャフト選びのご相談です

【読者様からの質問】
「倉木様

お世話になります。

以前にもシャフト選択のご相談をさせていただきたいへんフィットしております。
今回セットを一新しウッドとUTのシャフト選択、ウェッジのシャフト重量の選択をご相談したいと思います。

42歳 175cm 75kg

HS46〜 ストレートからややフェード

M-1 9.5° TourAD TP6S

M2 15°

ロイコレ506V 2UT 18°

mizno H5 3i

H5 4i

mizno MP66 5〜9P モーダス120S

mizno T7 52° 58° 62° DGS200


ドライバーがマッチしたのでブログを参考にしてアイアンをモーダス120SにしてみたらこれがぴったりハマりましたのでH5も同じモーダス120Sが良いか、2UTか3Wのどちらかにしようと思っておりますので流れが良いシャフトを教えて下さい。
またウェッジのシャフトをモーダスウェッジにする場合115か125どちらが良いか教えていただきたいと思います。

お手数ですがよろしくお願いします。」



【倉木真二の回答】
3I、4I共にモーダス120で問題ありませんが、少しやさしく(ボールが上がりやすく)軽くしたいのであれば、MCI100〜90がおすすめです。
MCI100だとNS950とほぼ同じ重量、MCI90だとさらに10g近く軽くなります。
クラブを長くしたい場合は90の方が良いです。
モーダス120よりも少し中間寄りがしなるようなフィーリングになりますが、先端が少し硬めなので極端なフィーリングの差は出ません。
ドライバーのTP6にフィーリングを寄せていきたいのであればモーダス105でも良いです。
モーダス105とTPはやや似ていて、手元と先端の剛性の差が少なめで基本的に先端が硬めに感じるシャフトです。

3Wのシャフトは、単純にTP7にすると流れは良くなります。

ウェッジのシャフトは候補の2種類で選ぶならどちらでも良い、ということになります。
重い方が小さいスイングでのテンポが安定しますので、これはフィーリングの好みで選択して問題ありません。

ただし、モーダス120のアイアンにモーダスウェッジは相性が悪いです。
モーダスウェッジは手元が硬め、先端が軟らかいというシャフトでモーダス120のような先端の硬さが無く、厚いインパクトになりません。
弾道を抑えることも苦手でMCIソリッドに似ています。
短い距離のアプローチで高い球を打つことを重視するならモーダスウェッジでも良いですが、そうでは無く、モーダス120のような抑えの効いたフィーリングが好みであれば、単純にモーダス120を装着した方が良いです。
ウェッジにアイアンのシャフトを入れると、ネック長の差でステップの位置がどうとか剛性がどう、という意見もあるのですが、詳しく書くと非常に長くなるので簡単に説明すると、シャフト単体の重量やステップ位置はあまり気にしなくても良い、ということになります。






ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法