ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法










2017年03月21日

ドライバーの打点がヒールに集中するご相談です

【質問】
「倉木様

いつもブログを拝見して勉強させていただいております。また、過去の質問に対する回答も大変参考になりました。
今回はドライバーのヒールショットについて教えてください。
ようやく暖かくなってきてゴルフシーズン本番が到来しましたが、ドライバーの調子が急に悪くなってしまいました。調子悪いどころか、まったく芯にあたらなくなってしまい、焦っております。

インパクトシールを貼って5球打ってみたところ、見事に全てがヒールよりの低いところに当たっています。当然、打感・打音も悪く、弾道は左への低いライナーか、玉が上がるとしてもやや左に出てから右に曲がるスライスです。ボール位置を変えたり、アドレスでクラブヘッドをソールする場所を少し変えてみても効果がありません。ミートを意識してゆっくり振っても同じ結果でがっかりしています。

アイアン・ユーティリティまでは調子がよく、ミスショットのときは逆にトゥ寄りのショットが多いです。
冬の間、アイアンの精度をあげたくてアイアンの練習に時間を使いすぎたことが原因となっている可能性もありますでしょうか?

ちなみにアイアンはピン純正CFSスチールシャフト(S)、ユーティリティ20度はピン純正CFS-MAX(S)、ドライバーはビッグバーサにスピーダーエボリューション2(USモデル)665のSフレックスです。

過去の記事も拝見しましたが、ドライバー「だけ」がヒールに当たる症状に関してなかなか解決策が見つからず、ご質問させていただきました。考えられる原因や練習ドリルを教えていただければ助かります。よろしくお願いいたします。」



【回答】
アイアンの練習を中心に行ったことで、クラブを引きつけて体の内側でボールをとらえる動作をドライバーにも適用しようとしているのかもしれないと感じました。
ドライバーはシャフトが長いのでアイアンやユーティリティーのようにクラブを引きつけて体の内側で打とうとしてもクラブヘッドが戻らずに振り遅れてしまう可能性が高いです。
振り遅れることでクラブが寝すぎてしまい、打点がヒールに集中しやすくなります。
なので、引きつけて打つイメージよりも少しクラブヘッドを放り投げるような、やや体が開いても良いと考えて打つと振り遅れにくくなります。
それに対応させるために、ボールの位置も今よりも少し左側に置くと良いです。
10年ほど前をピークにドライバーの許容性は上がりましたが、操作性は低下しました。
PGAのプロのようなパワーがあればビックバーサのようなヘッドでもアイアンのように引きつけて打つことができますが、一般的なゴルファーであれば、ボールの位置を左にして少し解放しながら打つようにした方がコントロールしやすいと感じます。
ヘッドスピードの速いゴルファーが重心距離の長いヘッドを使うには強引にターンさせられるパワーが必要です。
または、許容性(左右慣性モーメントと言います)が低いけれども操作性の高いヘッド(ブリヂストンが好んで作るようなヘッド)にして、鋭く引きつけて体の内側で捉えられるようにするか、どちらかが良いと考えます。


 




ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法