倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2016年05月14日

シャフト選びのご相談です

【質問】
「倉木様、ブログ記事は欠かさず拝見しております。

私は次のようなゴルファーです。
 HC10 ドライバーヘッドスピード約50m/s
 43歳男 173cm 90kg

3Wのリシャフトについて迷っておりアドバイスがいただければ幸いです。

現在のスペックは次の通りです。(組み立てはすべてDIYです)
DW BALDO VT511 9度 ALDILA SILVER LIMITED 70TX 45.0 325.5g D2.0
3W BALDO TT TOUR 15度 KUROKAGE XT70X 43.0 346g D3.8 0.5インチチップカット
5W BALDO TT TOUR 18度 AHINA80X 42.25 357.5g D4.0 1インチチップカット

アイアン ナイキ VAPOR PRO(US) NS MODUS3 125(X)5Iで38 428g 2.0

以前のドライバーはKUROKAGE XT70X を45インチ325g D3で組んでおりました。
少々ヘッドの返りが遅く感じるようになり現在のシャフトに変えて絶好調です。
しかし今度は3Wでスライスが出るようになりました。感覚的にはヘッドが返りきっていなく
開いて当たっているような感じです。(5Wではそのようなことは無い)

ドライバーと同じシャフトにしようにも希少で高価なシャフトのため、代替として
LIMITEDでないALDILA SILVER(110MSI) のXにしようかと考えていますが
いかがお考えになるでしょうか。ご意見頂戴できれば幸いです。」



【回答】
通常のrogue silver70Xは中間剛性が相対的に低く先中が硬くなって先端に向かって弾き系のように軟らかくなる独特なシャフトです。
ダイナミックゴールドスピナーを中調子にしたような性能です。
つかまりの良いMODUS120のような感じになります。
中折れ感がありつつ、インパクト直前でボールをシャープにつかまえます。
一方今使っているXTは全体的にやや剛性が高く先端が硬くなっていますのでひっかかりにくいシンプルな性能になっています。
rogue silverはタイミングが合う、合わないがかなり分かれますのでスイングを見てみないとなんとも言えませんがインパクト直前で一気にボールを押し込むのではなく手元を少し止める意識で打ちつつ、ダウンスイングであまり強いためを作らないのであれば合うと考えています。
rogue silverよりも癖が少なめでXTよりも捕まるのはKUROKAGE silverです。
70のXを0.75インチカットあたりで組めば妥当ではないかなと感じます。
5Wのアヒナが癖の少ないシャフトなので癖のある1Wからシンプルな元調子の5Wまで徐々に引っかからないようにフローさせていくならクロカゲsilver70Xで良いように感じます。
今よりも軟らかさを感じると思いますがつかまりは良くなります。