倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2014年07月24日

アイアン選びのご相談です


【質問】
「倉木様、

ご無沙汰しております。
二年ほど前に、メールにてご指導いただいたカナダ在住の者です。

ブログと2冊のマニュアルをいつも愛読しております。

倉木様のマニュアルのおかげで、
90前後のスコアで回れるようになって来ました。
それでこのごろアイアンの弾道が非常に高いのが気になるのです。

飛距離は9Iで145Yほど、
6I で175yほど出ているのですが、
弾道が非常に高く、風に弱い球筋なのです。ボールは左のかかとで、ターフはボールの下か、

たまに手前をダフります。
ボールは、スイングの最下点に来ていると思います。
ドライビングレンジで練習しているとき、
横のカナディアンのアイアンは“シュー”という音が聞こえるのですが、
私のアイアンの玉は風きり音がしません。

ドライバーで280yほど飛ぶので手打ちにはなっていないとは思いますが、
ヘッドが先行しすぎているのでしょうか?
アイアンは倉木様に推薦していただいたCallawayのを使用しております。

Xシリーズは玉が上がりやすいということですが、
アイアンを交換するのが良いのでしょうか?
それとももっとスイングを磨くのがいいのでしょうか??

もしアイアンを交換するのであれば、
お勧めのアイアンを教えてください。

ミズノのForgedか、CallawayのForgedか、
TitleistのZ-Brend等を考えていたのですが。。。。

よろしくお願いいたします。」



【回答】
クラブには特に問題有りません。
今のアイアンのままでも、大丈夫です。
弾道が高く、弱々しくなってしまうのはボール位置に原因があるかも知れません。
現在、左足かかと線上にボールを置いているということですが、左に寄り過ぎています。
ドライバーならその位置で良いですが、それ以外の番手では左過ぎます。
ボール位置が左なので、インパクト時にロフト角が増えてしまい、弾道が高くなってしまっているのだと思います。
ボールの位置は、シャフトが短くなるほど右に寄せる必要があります。
具体的には、以下のようなボール位置が妥当です。

・ドライバー
 → 左足かかと線上

・SW
 → 両足かかとの中央

・7I
 → 両足かかとの中央よりボール2個左

・5I
 → 7Iよりボール1〜2個分左

・3I
 → 5Iよりボール1〜2個分左

・3W
 → 1Wよりボール1〜2個分右

こうすると、インパクト時のハンドファーストの度合い(地面とシャフトの角度)が番手毎に変わってしまいます。
ドライバーではシャフトと地面が直角くらいになりますがSWでは飛球線方向にシャフトが傾きます。(ハンドファースト)
これが正しいインパクトの形です。
番手が短くなるほどハンドファーストが強くなっていくということです。
クラブヘッドもそのように設計されています。(ソールのバンス角度など)
飛距離を見る限り、手打ちになっているとか、そういった問題はないと思います。
なので、まずはボール位置を上記を参考に調整してみてください。
力強い弾道が出るようになるはずです。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。