倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2014年04月28日

コースでのアプローチに関するご相談です


【質問】
「倉木様
最近、本番中のアプローチがうまくいかずに苦労しています。練習ではきちんと距離感もあり、ふわりとした感じのボールでもアプローチができるのですが、本番となるとトップとダフリの繰り返しで、すっかり自信を無くしてしまいました。おかげで、スコアもさんざん、90台の維持は夢物語になりました。どうも、短い距離を打つ瞬間にヘッドアップしてしまう癖が抜けないようです。練習はうまく頭を残してクラブのヘッドがボールにヒットする瞬間まで見えるのに、本番ではそれができない、、、何かうまく克服できるドリルはないものでしょうか。」




【回答】
コースではさまざまなライがありますので、それに対応できていない可能性があります。
マットでは多少ダフリ気味に入ってもボールが飛んでくれます。
なので、少し悪いライからアプローチをする練習をすると良いです。
基本的に、悪いライではクリーンに打たないとボールが上手く飛びません。
厳密に言うと、クラブヘッドのボールに対する軌道のズレがとてもシビアになります。
クリーンに打つ練習をすることで、ウェッジの歯の入れ方が上手になるので悪いライでも対応できるようになります。
具体的には、

・すり減ったマット
・土の上

などからアプローチの練習をすると良いです。
また、地面にあるボールをウェッジなどで拾い上げる練習も良いです。
歯の入れ方が上手くなりますので、練習してみてください。
これが出来るようになると、通常のライからのアプローチはかなり余裕になりますよ。
あとは、精神的な面も大きく影響していると思います。
「ミスをしたくない」と思うほど体がスムーズに動かなくなり、また、結果が気になり、ヘッドアップしやすくなります。
練習場で「ミスをしたくない」と思うことと、コースで「ミスをしたくない」と思うことは、全く気持ちの強さが違いますね。
アベレージゴルファーほど、練習場では「良いボールを打ちたい」と思って打つことが多く、コースでは「ミスをしたくない」と思って打つことが多いです。
この心構えの違いが、スイング動作に大きな影響を与えます。
なので、できるだけ、「ミスをしたくない」と思わず、恐れず、スムーズにスイングすることだけ、心がけるように、注意してください。
100%、実行するのは無理ですが、やろうとすることで、心理状態は改善されるはずです。
悪いライから練習すれば、技術的に上達します。
コースでのアプローチが容易に思えるようになります。


 


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。