倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2010年02月11日

アイアンのスチールシャフトの硬度の選び方について

【質問】
「現在 SRIXON I−506 

 ダイナミックゴールド R300 を使っています。


先日クラブ診断なるものを受けたところ、

シャフトが軟らかいのでS200かS300に

変えたほうがいいと言われました。


ただ現在ゴルフスクールに通っているのですが、

そこの先生曰く別に気にする必要は無いんじゃないかと。


軟らかいほうがしなりを感じられていいと。


更にゴルフ5でヘッドスピードを測ってもらい、

シャフトの相談をぶつけたところ、

やはりSかXくらいでもいいのではと言われ… 


ちなみにヘッドスピードは47〜48くらいでした。


聞けば聞くほど分からなくなりどうしたらいいか…  


一応X100のクラブを借りて練習場で打ってみたところ

重くて硬い感じはしましたが、

いま使用しているクラブと飛距離的に変わりなく

次の日体が痛かったぐらいです。


体型は163cm・67kg・31歳 昔体操をやっていたので

多少の筋肉質ではあります。」

 
 
 
 
【回答】
軟らかいのでリシャフトを勧められたとの事ですが、

その具体的な根拠の説明は有ったのでしょうか。


例えば、あまりにもバックスピン量が多過ぎて

吹きあがり、飛距離ロスしていると言うのならば

一つの理由にはなります。


ダイナミックゴールドのR300を使用している方は

意外といます。


それもシャフトの事、

クラブがスイングに与える影響を良く理解している方が多いです。


それは、重量が軽いシャフトだと手打ちになってしまうから

振りきれる範囲で重めのシャフトを使いたい、

重めで硬度を落としてあるシャフトは振りぬきが良い、

と言う事を理解している方などです。


ヘッドスピードが47m/sは確かに速いです。


しかし、ヘッドスピードでシャフト硬度を決めようとしたのであれば

ナンセンスです。


シャフトのしなりはスイングのテンポ、

リリースのタイミングに大きな影響を与えます。


なので問題がないのであれば

今のままで良いです。


ダイナミックゴールドR300は

重量は重めにも関わらず若干硬度を落としてあるので

非常にしなり感が有り、振りぬきの良いシャフトです。


そのフィーリングが気に入っているなら、

そのままにしておきましょう。


因みにR300はヘッドスピードが50m/s以上ある

トーナメントプロでも使用しています。

(ラベルだけS400などを貼り、使用しているプロもいます)


なのでヘッドスピードが速いからというだけの理由で

交換する必要は有りません。


是非、参考にして頂ければと思います。


 
 


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。