倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2019年01月23日

リシャフトのご相談です

【読者様からの質問】
「倉木さま

いつも楽しく拝見させていただいております。
初めて質問をさせていだきます。

アイアン、ユーティリティ、ドライバーのリシャフトを検討しております。
アイアンはダフリが多く、振っていても重さを感じるようになってきています。
ユーティリティは、思ったほど距離が出ていない気がします。
ドライバーは、右へのミスが多く、もう少し捕まえられるいいのかな?と感じています。

下記のセッティングで、ベストスコアなど更新したり調子は良かったのですが、左股関節を痛めてしまい(重たいセッティングが影響した?)、全体的に少し体への負担を減らしたいと考えています。

現在のセッティング

1W M1(2016) Regio Formula MB S65 45.25
3W MP CLK -F Regio Formula MB S75 43.00 D3
5W MP CLK−F Regio Formula MB S75(0.5tipcut) 42.50 D3
UT MP CLK -H Modus3 105 S 39.25 D3
UT MP CLK -H Modus3 105 S 38.75 D3
5I MP15 Modus3 Tour125 S 38.00 D4

PW
W52 RTX2.0 Modus3 Wedge 125 S 35.25
W56 RTX2.0 Modus3 Wedge 125 S 35.125

候補のシャフトは、
アイアン、ユーティリティは、OT Tour 100 Sを検討中です。

@ユーティリティは、OT Tourのユーティリティ用がいいのか、アイアン用で問題のいのか?

Aドライバーのシャフトは、Tour AD TP6Sを検討中です

B全体の流れは崩れないでしょうか?

何卒、よろしくお願いいたします。」



【倉木真二の回答】
OTiは番手別設計になっていないので番手別設計のMCIと比べて明らかにコストがかかっていません。
OTiは1本の長いカーボンシャフトを番手に合わせて短くカットしているだけなので短い番手ほどシャフト単体の重量が軽くなります。
メリットは1本だけ設計すれば良いのでコストが下がります。
デメリットは番手別設計になっていないのでシャフト重量が長い番手は重く短い番手は軽いという逆転が生じます。
1〜2番手程度の差であればさほど問題ありませんがUTからPWまでともなれば無視できない重量差になりますので、基本的にオススメしません。
その割にMCIと比較して売価が高めなのでさらにメリットがありません。
UTだけ使うのであれば良いですが全番手に使用するのはオススメしません。
であればよりコストがかかっている割に安価で販売されているMCIの方がはるかに良い重量フローに仕上がるので良いです。
1本取りシャフトは1本用意するだけですが番手別設計は8本程度用意しないといけないのでコストが全く違います。
さらにフレックス、重量帯別に用意しなければならないので、実はMCIというシャフトはとてつもない努力によって実現しているということが分かります。
私は藤倉の回し者でもなんでもありませんが物作りの視点からして明らかに圧倒的な努力がなされた商品だと考えています。
剛性の違いもありますが、あえてアイアンにOTiツアーを組むというのは、正直なところMCIという番手別設計のシャフトが存在する状況に置いてさほど選択するメリットもないと感じます。
適度に先端がしなるレジオフォーミュラとの剛性も似ており、モーダス105、125よりもMCIの方がフィーリングは似ています。
ただ、TPは手元と先端の剛性の差が少なめで、先端が硬いシャフトなのでMCIとの相性は特別、良くはありません。
TPはモーダス105との相性が良いです。
体への負担を減らしたい(特にボールをつかまえるスイングをすると負担のかかる左股関節)のであれば、TP、モーダス105のような先端が硬めでつかまりを抑えたシャフトにするよりもレジオフォーミュラMBのような適度なつかまりのあるタイプの方が良いと考えます。
つまり強い壁を作って先端が硬めのシャフトでヘッドを押し込んでいくスイングよりも鋭く素早く一気に回転していくスイングの方が体への負担が少なくなりますので、そうしたスイングにマッチしたシャフトの方が良いと考えます。
そのことだけを優先するならドライバーはディアマナRF60S、フェアウェイウッドは70S、UTはMCI80〜90S、アイアンはMCI100S(またはKBS105S)で良いと考えます。
どれもヘッドが走りながらもわずかに間を作れるので、つかまりすぎない絶妙な剛性に仕上がっています。


 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。