ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2018年10月30日

ジュニアゴルファーのクラブ選びに関するご相談です

【読者様からの質問】
「いつも的確なアドバイスありがとうございます。
自分のクラブセッティングも少しずつ決まり、スイングの安定に集中出きるようになって来ました。

今回の質問は中1の息子のクラブの事です。
小学校低学年から練習場にちょこちょこ連れて行ってる事もあり、イタズラで打たせていました。
USPGAを隣で眺めていたせいかスイングは私より形が整っています。(一応私もHC3前後です。(^^;)

強制はしていませんが球を打つのが楽しい様でラウンドもしてみたいとの事です。
現在のクラブは貰い物で20年前ぐらいのT-ZOIDジュニアなのですが、1w.7i.PWと3本しかないうえにグリップもテカテカ、ドライバーヘッドは小さいので難しいみたいです。
合わないクラブで打たせるのも駄目かと思い、中古の改造で何とかならないものかと思った次第です。

現在遅い成長期の最中で140cm33kgです。
今現在から150くらいまでのスペックはどうしたらよろしいでしょうか?
成長に合わせてクラブを変えてやらなければいけないかなと思っておりますがジュニアの成長過程のクラブ仕様を倉木様はどの様にお考えなのかお聞きしたくメールしました。

1
今現在の身長にオススメスペックと番手。

2
クラブ仕様の換え時。

3
その他アドバイス

お手数ですがよろしくお願いします。」



【倉木真二の回答】
・1について
カスタムオーダーでシャフト重量とヘッド重量を軽めに仕上げる、という方法が最もオススメです。
市販品で、となればロフト角とライ角調整できるウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジが良いです。
シャフト重量はウッドはカット後40g台、アイアンはカット後60〜70g程度が妥当です。
特にライ角は重要なので、一度、ライ角の計測は行った方が良いです。
クラブ長に関しては一般的な長さで問題ありません。
長さよりもライ角が重要です。

・2について
ヘッドスピード40m/sを超えるあたりが目安です。
軽いものを使い続けると非常に悪いスイングの癖が付きますので、注意深くみ続けた方が良いです。

・3について
軽め、重めで迷ったら軽めの方が良いです。
重いとオーバースイングの癖が付きます。
オーバースイングが絶対に悪いということではないのですが、大抵の場合は悪いオーバースイングになっていくので軽めが良いです。





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法