ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2018年10月18日

リシャフトのご相談です

【読者様からの質問】
「倉木さま
いつも拝見しており参考にさせていただきたいております。
エポン703アイアンにモーダス120Rを組んでおりますが、年齢42歳のせいか、少し重く感じる事が出てきました。
同じ調子特性で少しだけ軽いシャフトのオススメをお教え願えますでしょうか。
調角した30度の7番でキャリー160ヤードです。
インサイドアウトでヒールヒットが多いです。
今のシャフトはフィッティングのショットマーカーでで芯に集まり方向性が良かったため選択しました。」



【倉木真二の回答】
インサイドアウト軌道でヒールに当たるスイングタイプのゴルファーは体力に対して軽いシャフトを好む傾向にあります。
詳しい説明は長くなるのでいませんが根本的にこの問題を解決したいと考える場合はシャフト重量を軽くしすぎない方が良い場合が多いです。
とりあえずの対応をしたい場合または根本的な改善を目的としない場合は軽めのものにすると当面の結果は良くなります。
モーダス120Rに似た剛性でさらに軽量の物はXP105のRフレックスになります。
手元が軟らか目で先端はモーダス120ほどではありませんが硬めになっています。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法