ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2018年08月27日

シャフト選びのご相談です

【読者様からの質問】
「倉木様こんにちは。
何年か前にセッティングについてのアドバイスを頂き、クラブを買う時の意識付けに多分に役立っております。
その後こちらのブログで拝見した例などを元に作り上げたセッティングについて意見をお聞きしたいと思い再度メールさせて頂きました。

DR M4 ツアーad tp6s
FW 15度 タイトリスト917F2 ツアーad tp7s
FW 18度 テーラーメイドM2 2017 ランバックスTYPES FW 75S
UT 21度 タイトリスト915H ツアーad hy85
UT 24度 タイトリスト915H ツアーad hy85
UT 27度 タイトリスト915H NS950s

アイアン ピンi200 6I〜P モーダス105s
ウェッジ クリーブランド 52 56 DGS200

気になる点は
@5番ウッドが先中系のシャフトなのですが大丈夫でしょうか? FW用のシャフトなので普通のTYPESよりは先端にしっかり感がある気がします。ネットなどでもTYPES FWの情報が少なく気になっております。しかし概ねうまく打てております。

A27度UTのシャフトはモーダス105Sかツアーadhy95sあたりのほうがいいでしょうか?
こちらもパー3のティショットは概ねうまく打てており戦力になってます。

Bアイアンのシャフトに対してウッド系もウェッジもオーバースペックのような気もしておりますが問題ないでしょうか?
当方、HC10、持ち球軽いドローでゴルフ5やユピテル(コース球)の計測でHS45、初速65、キャリー245あたりの数値が出ることが多いです。
全体の流れと併せてご意見をお聞かせ頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。」



【倉木真二の回答】
・1について
1W、3Wに対する5Wシャフトの流れは特別良くはありません。
3Wよりも5Wの方が弾道が高くなってしまっているのであれば、5Wのシャフトは3Wと同じTP7にした方が無難です。
トッププロ達のトラックマン計測による平均弾道高度は3Wと5Wで同じです。
タイプS FWはFW専用シャフトではありますが剛性が低いので1W、3Wとの流れはイマイチです。

・2について
流れを合わせるならNS950よりもモーダス105、又はHY85、95の方が良いです。
勘違いしているゴルファーが多いですがNS950は総重量やクラブ全体の慣性モーメントなどを考慮したクラブの重量感がモーダス105よりも重く仕上がります。(グリップ重量が同じでスイングバランスを同じに仕上げた場合。)
同じ長さで比較するとNS950とモーダス105のシャフト重量は2〜3gモーダス105が重いだけで、NS950の方がシャフトの重心位置が3%近く手元寄りなので同じスイングバランスに仕上げるとNS950の方がクラブヘッド側の重量が3g程度重くなることからクラブ総重量やクラブ全体の慣性モーメントなどで判断するクラブの重量感はモーダス105よりも少し重くなります。
さらに簡単に言えばNS950は他のシャフトに比べて剛性が低いのでその点でも流れは今ひとつです。

・3について
アイアンのモーダス105と1W、3W、21度、24度のシャフトの剛性的なマッチングはさほど悪くありません。
特にTP6、TP7とモーダス105は相性が良い方です。
ウェッジのS200は組み方によっては剛性が少し高めになりますが、目的にあっているなら問題ありません。

全体を見て感じたことはシャフト重量をフローさせることを意識していると感じますがそれを優先すると他の要素に歪みが生じます。
流れを合わせるのであれば27度はモーダス105、ウェッジはモーダス120のS、5WはTP7、で良いと感じます。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法