倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2018年07月16日

アイアンの構え方に関するご相談です

【読者様からの質問】
「アイアンのアドレスの時のフェイスの向きについて質問させてください。

今までアイアンはリーディングエッジを飛球線に垂直になるようにアドレスしてましたが、トップブレードを垂直にするという記事を見ました。その記事によるとリーディングエッジで合わせるとフェイス面が開いているとのことでした。フェイスにティーを貼り付けている写真では確かに開いていました(特にショートアイアンはかなり開いてました)。

練習場でやってみた際にはかなり被って見えましたが、思ったより普通に打てました。慣れてないのでひっかけが出たり、それを嫌がって開いて打ったりは多々ありましたが、球は強くなる気がしました。
しかし、コースでやってみたらラフや左足下がりのライでは特にまともに打てませんでした。慣れれば…というレベルではなかったです。現状では今まで通りのフェイスの向きにした方が絶対にいいスコアで回れますが、球が強くなってる気がすることと、ショートアイアンやウェッジで煽り打ちしてショートすることはかなり減るメリットも感じています。

ライに合わせたいい結果が出やすいフェイスの向きを研究していくべきでしょうか?」



【倉木真二の回答】
アドレス時のフェース面の向きの合わせ方に関して「これが正しい」というものはありません。
実はプロでも構え方はまちまちでスコアラインを目標に合わせるタイプ、スコアラインを目標より右に向けるタイプ、左に向けるタイプ、がいます。
最も多く一般的なのはスコアラインを目標に合わせるタイプです。
さらに、ライ、状況によってアドレス時のフェース面の向きを微調整しています。
論理的に行っているプロもいれば感覚で行っているプロもいます。
これはドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティーでも同じです。
メリット、デメリットがありますが、簡単に言えばフェースをかぶせればボールはつかまりやすくなるのでスライス防止に有効ですがシャットスイングになる為、トップで右脇が開きやすくもなります。
フェースを開いて構えればつかまりは基本的に弱くなるので初心者のスライス増長に繋がりますがトップで右脇が開きにくいフェースローテーションのスイングを学ぶには有効な面もあります。

アドレス時、スコアラインを目標に合わせると右を向いている、というのは確実なことではありません。
これは効き目によっても変わりますし、アドレス時のライ角、インパクト時のライ角によっても変わります。
トップブレードを目標に合わせると根本的にはフックグリップで構えることと同じような機能が働きますから、つかまりは良くなります。
しかしフックグリップにする必要が無いのであれば、オススメはしません。
いわゆるサイドスピン量がドライバーで1000回転(rpm)を超えるような慢性的なスライスに悩むタイプの初心者ゴルファーにとっては、有効な方法と言えます。
ただし、それが誰にも当てはまる正しいアドレス、ということにはなりません。


 




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。