ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2018年07月31日

シャフト選びのご相談です

【読者様からの質問】
「いつもブログを楽しく拝見しています。
わたくし自身以前から「地クラブ」が好きでシャフトも大手メーカーというよりは新興メーカーのシャフトを好んで使用しております。
しかし、あまり情報が少ないことから使ってみないとわからないという状況により倉木様のアドバイスをいただきたくご相談させていただきました。
ゴルフ歴は13年
平均スコアは80くらい
元ゴルフショップでアルバイトをしていたので試打、測定する環境だけは整っています。
ヘッドスピードはスカイトラックでドライバーでは平均44〜45くらいです。
持ち球は基本的には高いフェード。スイングであまりヘッドを返すのが得意ではないです。クラブの重さを感じてスイングをしたいのでテンポはゆっくり目で振っています。
基本的に何のクラブも弾道が高く、ドライバーを気持ちよく振るとバックスピンが4000回転近くなるときもあり飛距離をロスするのでヘッドスピードを抑えてスピン量を抑えるようにしています。
アイアンは今のセッティングにかなり満足しています。弾道はやはり高いですが、ラインを出したりもしやすく、スピン量も安定しています。
なのでアイアン合わせて倉木様にトータルでおすすめのセッティングを教えていただきたいのです。
こちらのブログではモーダス120は独特な動き方をするのでセッティングが難しいとのことですのでプロフェッショナルの意見を聞くのが一番かと思いましてのご相談です
よろしくお願いいたします

現在のセッティング

1W:プロシード TCR9 9.5    Fire Express WBQ 55X
3W:プロシード TCR TOUR   バシレウス δ FW 65X(0.25インチチップカット)
UT(18):プロシード TCR Titanium バシレウス SPADA FW 75X(1インチチップカット)
4UT:フライハイト ハイブリッドアイアン  モーダス105S
5UT:フライハイト ハイブリッドアイアン  モーダス105S
6I〜AW:三浦1008CB  モーダス120S(硬目番手ずらし)
54°スリーラック115フォージド DGS300
58°スリーラック115フォージド DGS300

気になることとしては、
ドライバーはラウンドに出ると目切りが早くなりプッスラするミスが多くなるためつかまりがよいドライバーを好みヘッド、シャフトを選択する傾向にあります。
3Wはドライバーのような技術的なミスはあまりないので左のほうが怖いです
UTは5Wのような感覚で使いたくてFWシャフトを合わせています。捕まりすぎるのを警戒してウエイトをトゥ側に12gヒールを2gで調整しています。
4UT、5UTは購入した時のシャフトそのままなので最優先でリシャフトを考えています。
もともとウッドよりアイアンの方が好きなので使用に苦はありませんが、アイアンと比べて重心距離の関係かヘッドを返しづらいのでプッシュのミスの方が多いです。
ウェッジは得意なほうなので合わせて打つことはできていますがフルショットがミスすることが多いのであまりフルショットをしません。

@地クラブ好きとして、1W 3W (できれば18UT)はバシレウスやループ、デザインチューニング、ゴーディス最近ではREVE、クレシドラやTPTなどでていますがそういったメーカーを選びたいという希望があります。
もしそういったメーカーでモーダス120Sの動きと合うようなシャフトがあれば教えていただきたいです。
Aまた、4UT・5UTのシャフトはアイアンに合わせてモーダス120Sがよいでしょうか?
ミスの傾向も考えて少し捕まりをよくするシャフトもどうかと思っているのですが、その場合は何を選ぶべきでしょうか?
Bウェッジはほとんどフルショットをすることがないのですが、基本的にシャフトは重くて軟らかいほうがよいという考えがあるのでいっそDGのR400でもいいのではないかと思っているのですがこの考えは今のセッティングには合わないでしょうか?

まとまりのない文章ですがよろしくお願いします。」



【倉木真二の回答】
アイアンとウッド、ユーティリティーのシャフト曲げ剛性は無理に揃える必要はありません。
目的があるのならばウッド、アイアンの剛性が異なっていても大丈夫です。
モーダス120は一言でいうとダイナミックゴールドR300の先端剛性を高めたような剛性になっています。
手元に対して先端が硬い上に中間が軟らかいという剛性です。
カーボンでこのような剛性を実現するのは基本的に難しいです。
というのはカーボンは手元の剛性が上がりやすいからです。
もちろんアクラツアーのような手元の剛性を下げているものもありますが基本的にカーボンの場合は手元の剛性が高く、モーダスのような中元の粘り感は実現しにくいと考えてください。

モーダス120に合わせるのであれば中間が相対的に軟らかめで先端が硬いタイプです。
このタイプはグラファイトデザインがDIでヒットさせてからグラファイトデザインの得意な剛性となりました。
私の手元には多くのシャフトの曲げ剛性データがありますがいわゆる新興シャフトメーカーの中だと特別適した物は無いという見方です。
新興メーカーというわけではありませんが、ややマイナーなシャフトということであれば日本シャフトのレジオフォーミュラはモーダス120と相性が良いです。
また、先端が硬く手元の剛性が低いという点であればアクラツアーZ STが候補になります。(モーダス105の方が相性が良いですが)
トライファスの中で言えばレジーロ2、コンポジットテクノでは特別ではなくても合うものは無い、という見方になります。

個人的にはレジオフォーミュラが最も無難と感じますが、好きなメーカーのクラブを使うということはとても大事なことです。
なので、どうしても新興メーカー、ということであればレジーロ2がオススメです。

UTは今のシャフトのままでも問題ありません。
ウェッジをDG R400でも問題ありませんが少し先端の動きが大きくなりますので、それであればアイアンと同じモーダス120でも良いと考えます。
とにかくアプローチスイングで動きが欲しいという考えであればDG R400でも問題ありません。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法