倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2018年05月25日

ドライバー選びに関するご相談です

【読者様からの質問】
「いつも楽しく拝見させていただいております。

今回は、ドライバーの選び方についてご教示ください。

ドライバーを選ぶにあたって注意すべき数値や選ぶポイントを教えいただけると助かります。

先日、某ゴルフメーカーの試打会に行きました。ゼクシオ10ミヤザキ6sとマイドライバーのテーラーメイド m1 スピーダーエボリューション2 661sを比較しました。前者は飛び散らずに平均250ヤード ヘッドスピード45m/sでした。後者は少し飛び散り240ヤードでした。

今まで42m/sだったので不思議に感じました。

何を信じていいのかわからない状態です。判断するための数字やポイントをご教示願います。

ちなみに、普段はスライサーです。」



【倉木真二の回答】
ヘッドスピード、ボール初速に関しては測定器によって結果が変わりますのでそれが原因と考えられます。
判断するための数値はボール初速、打ち出し角度、バックスピン量、左右打ち出し角度、サイドスピン量が基本的に重要な数値になります。
インパクト時のスイング軌道、フェース面の向き、ハンドファーストの度合いを確認できる高速カメラ撮影機能がある場合、より精度の高いクラブ選びが可能です。
シャフト軸に対してフェースが開く傾向にある場合はネック軸周りの慣性モーメントが小さいヘッドが基本的には向いています。(一般的にはいわゆる重心距離が短いヘッド)
ハンドファーストが強すぎる場合は手元が硬いシャフト、ハンドレイトが強い場合は手元が軟らかいシャフトが向いています。
アウトサイドイン軌道で引っ掛ける場合は手元が硬いシャフト、スライスの場合は手元と先端の二箇所が軟らかいシャフト、インサイドアウト軌道でプッシュアウトが多い場合は手元が硬く先端が柔らかめのシャフト、チーピンが多い場合は手元と先端が硬めのシャフトが向いています。
後は、何が原因でその数値が出てしまっているのか、の見極めが重要になりますが、これは専門家じゃないと見極めが難しいので結局は良い見立てのできる人間に見てもらうことが重要になります。
これらはあくまで基本的な判断基準です。
難しく考えるとクラブ選びをどうしたら良いか迷ってしまいますが、基本的にゴルフクラブは道具であり、道具は使いこなすものなので、多少のズレは許容し、クラブを使いこなすべく調整すれば良いだけと思います。
ただし、調整できる範囲を超えているようなスペックを選ばないことが重要になります。
ロフト角が少なすぎるとか、シャフトが硬すぎるとか、そういった基本的なことです。
特にドライバーはティーアップされており、オーバースペックでもごまかしアッパーブローで打ててしまう傾向にありますから、注意が必要です。
一つの判断基準としては、地面のボールをフェアウェイウッドを気持ちよく打てるスペックに流れを合わせる形でドライバースペックを決めていくと基本的に失敗はありません。
(フェアウェイウッドはごまかしが効かないためです)