ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2017年11月30日

シャフト選びのご相談です

【読者様からの質問】
「倉木様

初めてメールさせていただきます。 〇〇と申します。(59歳)

インターネット検索していたら、倉木様のブログを拝見いたしました。
ご面倒とは思いますが、818H1 ユーティリティのシャフト選択について
ご教示いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

現在、アイアンはMODUS105のRシャフトを使用しております。
(アイアンは、オノフ黒2017年モデル)
また、ユーティリティは、24、21、19度とタイトリストの910H
を使用しており、シャフトは標準のMotore7.5(WT:80g、Tq:3.2)
を使用しております。910Hは長年使い慣れており不満はありません。

アイアンは、6I(30度)までの構成のため、5番にかわるものとして、
818H1の27度の購入を検討しておりますが、標準シャフトの
MCI70か、NS950のどちらが良いか決めかねております。

以上、アドバイスをお願い致したく、よろしくお願い致します。」



【倉木真二の回答】
今まで使用していたシャフトを考えるとMCI70の方が良いです。
シャフトの剛性がMCI70の方が似ています。
NS950になると少し頼りなさを感じる可能性があります。
シャフト重量はモトーレより少しだけ軽くなりますが、重量感に影響を及ぼすレベルではありません。
 
 
  





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法