ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2017年08月29日

クラブセッティングのご相談です

【読者様からの質問】
「倉木様こんにちは
以前アイアンシャフトについて相談に乗っていただきありがとうございました。
DGXPをしばらく使用していたのですが、わけあって知人にとられ現在は手元に残っていたKBS C-TAPERを使用しています。
しかし、以前アドバイスをいただいた通りS200をサブセットとして準備して練習をしハンドファーストの練習を続けています。
今回はFWについてとUTについてご相談です

最近いつも通っているお店のトリカゴネットにスカイトラックが設置されさらにインドア派寄りになりつつあります。
スカイトラックで計測すると1WのHSが43〜44となっており「3Wのザフィーロプロスペックはオーバースペックなのでは?」と心配になっています。

また、最近U18の下に流行りのアイアン型ユーティリティを使ってみたいと思いムジークアイスを購入しました。
しかし思ったよりヘッドが軽く長めになっているのでフライハイトのユーティリティに変えようか悩んでいます。
そしてもう一つ、現在のU18のシャフトのツアーパープルは長さが短く、ウエイト交換で重めの重りを入れて対応しているのですが不意にドフックがでているので
ここ一番で持つのをためらうときがあります。(シャフトの動きは嫌いではないのですが・・)

現在の悩みをまとめて
・3Wのシャフトはこのままでよいのか
・U18、4I、5I代わりのアイアン型ユーティリティを購入した場合のおすすめシャフト
を教えてください。スチール・カーボン両方候補があればうれしいです。よろしくお願いいたします。




現在のセッティングは

1W  プロシードTCR[ REVE REVOLVER S 46.25インチ
    プロシードTCRZ デザインチューニングZERO 70S 46インチ

3W プロシード TCR チタニウムツアー バシレウス ザフィーロプロスペックX

U18 プロシード TCRプレミアム  プロシード ツアーパープル80 

4I muziik ice 20° ATTAS HY 95X

5I〜AW EPON  AF-503  KBS C-TAPER フレックスR

58  スリーラック 115リミテッドフォージド  DGS200」



【倉木真二の回答】
スカイトラックにて46インチのドライバーのヘッドスピードが43〜44m/sだとプロのトーナメントで使用されるトラックマンのヘッドスピードでは41〜42m/s位になります。

ヘッドスピード42m/sではほぼ全てのシャフトがオーバースペックです。
プロスペック ザフィーロは剛性の高さの割にボールが上がりやすいので以外にも使える気になりますが、ボールが上がっているだけになってしまっていることが多く、鋭くボール初速の高い打ち出しを実現できていない可能性が高いです。
いわゆる上に打ち出してしまっている弾道になっていて前にボールを打ち出せていない可能性があります。
ドライバーはクラブ長が長いので50g台後半でも十分です。
3Wはカット前重量が46インチ換算で60g台中盤程度のもの、18度は現状のものでも問題ありません。
4IのアッタスHYは手元が硬め、中間と先端が軟らかい粘り系先調子なのでフックを防止したいならばMCI90やモーダス105Sの方が効果的です。
またツアーパープルは先端の剛性が相対的に高めですがアッタスHYはその逆で手元に対して先端が軟らかいので流れも良くありません。
アイアンはカット後の重量でNS950Sよりも5g重い程度でちょうど良い重量です。
弾き系で先端が硬めの剛性なのでフック防止にも適度に有効です。
アイアンシャフトとドライバー、フェアウェイウッドシャフトの硬さ、重さ、しなり方の相性もあまり良くありません。
アイアンシャフトに流れを合わせるのであれば1WはTP5SR、3WはTP6Sチップカット無し、U18はMCI80S40インチ使用、4Iはモーダス105Sの41.0インチ、あたりが妥当です。
これがベストではありませんが流れは悪くないセッティングになります。
ユーティリティーのシャフトはカーボンであればMCI80、90S、アクラツアーZ、プロジェクトXブラックあたりが妥当です。
MCIはウッドシャフトに近い感じ、アクラツアーZ、プロジェクトXグラファイトブラックはアイアン寄りになります。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法