倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2017年07月21日

アイアン選びに関するご相談です

【読者様からの質問】
「倉木様
お時間があればご回答頂ければ幸いです。

現在のアイアンでは右へのふけ感とスライスめに当たる事が多いので
ライ角がアップライトなタイトリストAP2かVG3への買い替えを検討しています。

ドライバーのHSは42〜44です。
現在のアイアンは
ミズノ MP H-4 ダイナライトゴールドXP
検討のアイアン
タイトリスト AP2 モーダス120S
タイトリスト VG3 NS950GH
です。

試打はしましたが左右のぶれが少なく当たりが良いのはAP2ですが…
弾道が今より少し低いのが気になっています。

もし宜しければご回答お願いいたします。」



【倉木真二の回答】
まず、右にふける原因が何にあるのか、を調査することをオススメします。
インパクト時のスイング軌道、フェースの向き、ハンドファーストの度合いが確認できる、天井カメと飛球後方からインパクト時のライ角を撮影できるカメラの設置されたタイプのサイエンス・アイという計測器のあるショップで計測し、確認をします。

ハンドファーストが強すぎて右に行く場合は、手元が硬めのシャフトにして振り遅れを防止することが効果的ですし、インパクト時のライ角がややアップライトで右に行くのであれば、アイアンのライ角をアップライトにすることも効果的です。
単純にフェースが開く頻度が高いのであれば、フェースがターンしやすい重心が深めのアイアンヘッドにすると効果的です。
まずは計測を実施し、どこに問題があるのか、を確認すると良いです。
もし、振り遅れていることが原因で右に行っていることが原因なのにライ角をアップライトにしすぎてしまうと、打点がヒールに集中しやすく、また、ダフリ、トップが出やすくなります。
さらに、インパクト時のライ角よりもクラブのライ角がアップライトになることで実質的にロフト角が少なくなり、弾道が低くなってしまいます。

そのため、まずは何が原因で右に行っているのか、を調べることを、オススメします。
大手のゴルフショップであれば、設置されている可能性が高いです。
天井とライ角のカメラがあるかどうかがポイントで、事前に確認してみると良いです。
そのような計測器があるショップでクラブを購入した方が後々のメリットも大きいので、そこでクラブの購入も相談した方が良いでしょう。


 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。