倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2017年07月23日

モーダス120、モーダス125の違いに関するご相談です

【読者様からの質問】
「倉木様


いつも楽しくブログを読ませて頂き参考にさせて頂いております。
以前ユーティリティシャフトおよびチップカットで質問させて頂きました。

http://golfjyoutatu.seesaa.net/article/438879781.html
http://golfjyoutatu.seesaa.net/article/434258108.html

ミズノMP4にダイナミックゴールドX100を入れ使用しております。
以前よりも振れなくなってきて弾道が低くなった事と体への負担が大きい為、リシャフトを検討しております。

最近MP69にモーダス120TXが入ったアイアンを借りて試験的に使い2ラウンドしました。
少し左に行きやすい事と軽さが最初気になりましたが、弾道は2番手ほど高くなり好印象です。< /div>

このままMP4をモーダスにリシャフトしようと検討中です。(私的には125Sか今回試した120TX)
モーダスといってもたくさんの種類が存在します。何にリシャフトするのがいいのか迷ってしまっています。
120TXと125Sは2gほど重さ違いますが、振った感じは別物でしょうか?
どちらのシャフトがやさしく感じるでしょうか?


お忙しい中申し訳ありませんが、アドバイスお願いいたします。



以上、よろしくお願いいたします。」



【倉木真二の回答】
モーダス125のSとモーダス120のTXの振った感じは別物です。
モーダス120TXを試打したということなので、モーダス120TXを基準にして説明すると、モーダス125Sの方がシャフトの先端がしなりますので、つかまりが良くなり、弾道が高くなります。
モーダス120のTXは先端が非常に硬くなっていて、フックしにくくなっています。

モーダス125Sの方がシャフトの重心が手元寄りなので、同じスイングバランス、同じクラブ長で仕上げた場合、ヘッド重量はモーダス125Sの方が重くなり、スイングした時の重さ感もモーダス125Sの方が重くなります。

モーダス120TXとモーダス125Sの比較だと、このような違いとなります。

モーダス各種の性能を簡単に説明すると以下のようになりますので参考にして下さい。

・モーダス105
NS950の先端を硬くして先端が走らないようになったNS950。
カット後の重量はNS950とほぼ同じ。(1〜2g重い程度)

・モーダス120
先端を硬くしたダイナミックゴールドS200を4番手程度ずらして装着したようなシャフト。
先中の剛性が下がるので相対的に先端が硬く、手元と中間にしなりがありつつ先端がしならない。
ツアーAD DIの手元の剛性を下げて地面から打ちやすくしたような仕上がり。

・モーダス125
ダイナミックゴールドの手元と先端を少し硬くしてわずかに弾き系の剛性にした仕上がり。

・モーダス130
ツアーAD クアトロテックに似た弾き系の先調子で先端だけがシャープにしなる。
KBSツアーと島田ゴルフK'sツアーの中間くらいの性能。
(KBSツアーはコントロール性のある弾き系、K'sツアーは飛距離重視の弾き系。)



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。