ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2017年07月31日

シャフト選びのご相談です

【読者様からの質問】
「以前にご相談させていただきお世話になりました。
http://golfjyoutatu.seesaa.net/article/437870932.html

アドバイスの通りに組み上げて使用しておりました。
さらなる高みを目指し試行錯誤を繰り返して
アルディラローグシルバーよりもブラックのほうが振りやすく
現在では以下のようなスペックになりました。

質問ですが、ドライバーと3Wがすこぶる調子良く、逆に
ブラックにしてから5Wのミスが増えました。(引っ掛けやチョロ)
(変更前は両方シルバーリミテッドでしたので調子違いのせいかと思っています)
ドライバー用にアルディラローグブラックリミテッド(MSI110)60TXを換装し、
70TXを5Wに差そう(鉛で重量増)と考えていますがいかがお考えでしょうか。
また、その他以下のスペックで調子や重量フロー
などチェック・アドバイスを頂けますと幸甚です。


ドライバー
ジョージスピリッツRD101 9度 
アルディラローグブラックリミテッド(MSI110) 70TX
45.5インチ(チップカットなし) 322g D1.5
  
3W
バルドTTツアー 15度
アルディラローグブラックリミテッド(MSI110) 70TX
43.0インチ(0.5インチチップカット) 350g(鉛で調整) D2.8

5W
バルドTTツアー 18度
アヒナ80X 42.0インチ(1インチチップカット) 366g(鉛で調整) D3.3

(以下参考)
UT18度 スリクソンH45ツアー NSハイブリッド110X 39.75インチ 405g D3.3
アイアン 4〜P 三浦MB5003 DGX100 38.5インチ 429g D2.7(4I)」



【倉木真二の回答】
3Wの流れに5Wを合わせるのであれば同じROGUETM BLACK LIMITED EDITIONの70TXを組むのが妥当です。
ネック長の差とクラブ長の差を考慮してチップカットすればシャフト剛性の流れは揃います。
わずかにシャフト重量が軽くなりますのでその分クラブヘッドの重量を相対的に0.5g〜1g程度重くすれば同じ重量感になります。
こうすることで1W、3Wのようなしなり感の少ないフィーリングのクラブに仕上がります。
ディアマナW80だと少し粘りが出ますので、その点がアルディラローグとの違いになります。



 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法