倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2017年06月07日

テークバックでのコックを入れるタイミングに関するご相談です

【読者様からの質問】
「お世話になります。

ドライバーのスイングについて、いろいろと試行錯誤しております。
テークバックにてフェースがあまり開かないように、は迷わない(開きすぎると戻せない)のですが、コッキングをどのタイミングで入れるのが良いのか、を考えているところです。

自分なりの結果ですと、
   テークバック直後からアーリーコックを入れていくと、脇が緩まずコンパクトに振れるような気がして、軌道はアウトサイドイン気味、回転はスライス回転が掛かりやすいです
   比較してレイトコックにすると飛距離は伸びます。軌道はインサイドアウト気味でフック回転が掛かりやすくなります。
   アーリーコックのほうが出球方向の再現性は高いと思いますが曲がり幅が少し大きく、レイトコックは良し悪しの差が大き目と感じています。

とりとめなく書いてしまいましたが、コッキングのタイミングについて、早い遅いそれぞれのメリット/デメリットなど一般的な考え方を整理したく、御教示いただければ幸いです。

以上、よろしくお願いいたします。」



【倉木真二の回答】
文面から察するとコックが早い時はテークバックがインサイドに入りすぎてダウンスイングではややかっさばくようにアウトサイドから下りてきていると感じます。
こちらのスイングはあまり良くありません。
このような打ち方だとダウンスイングでクラブを絞る(タメを作る)ことができずクラブヘッドの入射角が良い意味での鋭角、ダウンブローにならないからです。
その他にも様々なデメリットがあります。
コックが遅い時はテークバックよりもダウンの方がわずかばかりクラブヘッドの弧が小さくなっているように感じますので、そちらの方で改善を進めた方が良いと考えます。

一般的にはコックが早くても遅くてもどちらでも問題はなく一長一短です。
今回の質問の場合はコックを遅めにした方が良いスイングにしていける可能性が高いと感じましたので、そちらからの改善をオススメします。
ポイントは、インサイドから下ろしてもクラブが寝ないよう腕を柔らかく使いクラブを絞ってプレーンに乗せることです。
腕に力が入りすぎると確実にクラブが寝てしまいますので、その点だけは特に注意してください。