倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2017年06月21日

シャフト選びのご相談です

【読者様からの質問】
「倉木様

いつも参考にさせていただいております。
5WとUTのリシャフトについてご相談させてください。
クラブについて考えるようになって間もない為、見当外れの事をうかがう可能性がありますがご了承ください。

【現在のセッティング】
1W XR16 9.5° 45.5インチ GP-5S 303g
5W XR PRO 16 18° 42.25インチ GP-6S 330g
3U APEX 20° 39.25インチ NS950GH S 387g
4U APEX UTILITY 24° 38.75インチ NS950GH S 393g
5I〜PW APEX MB 27° 38インチ DGS200 428g(5I)
AW MACK DADDY FORGED 50° 35.5インチ DGS200 466g
SW 〃 56° 35.25インチ DGS200 471g
重量はすべて実測です。

【内容】
5Wのミート率向上の為長さを短くしたいのと重量フローを考えると軽すぎるのではないかと思いリシャフトを考えています。
41〜41.5インチぐらいにしたいのですが問題のない範囲でしょうか?その際の適正重量はどれくらいになりますでしょうか?
シャフトはツアーAD Fを考えているのですが、現在のGPと比べて大きく振った感覚が変わりますでしょうか?

UTは現在のNSが軽く柔らかく感じて違和感があるのと、時折飛び過ぎがあり飛距離も安定しない為、リシャフトを考えています。
シャフトは自分なりに以下の4パターンで考えています。
@2本ともDG S200
A2本ともDGSL R300
B3UはツアーAD UT 4UはDG S200
C3UはツアーAD UT 4UはDGSL R300
UTはアイアンの感覚に近くて少しやさしくできればと思うのですがどうでしょうか?
DGSL・ツアーAD UTともに試打した事はありません。

上記のシャフトは5W・UTともに素人考えで選択したものですのでシャフトの種類、重量、フレックスを含めご指導いただけますと助かります。

長文失礼いたしました。よろしくお願いいたします。」



【倉木真二の回答】
5Wを現状よりも短めにすることは問題ありません。
短くすると弾道が少し低くなります。
総重量に関してはそれほど数値に神経質になる必要はありません。
クラブの総重量はスイングした時に感じる重さの一つの目安でしかありません。
実際にスイングした時に感じる重さは

・クラブ総重量
・スイングバランス
・クラブ全体の慣性モーメント

などによって決まります。
簡単に言えば、今回のセッティングでは5WはスイングバランスをD2以上にしておけばさほど問題ありません。
現状のGP6からツアーAD Fに変えた場合、基本的には少ししなりを感じ取れるようになりつかまりが良くなります。
ユーティリティーに関してはDG AMTの方が現状よりも飛び過ぎることも無く安定します。
SLでも問題ありませんが手元が太いのでDGとフィーリングが少し離れます。
ツアーAD UTはシャフトの剛性にメリハリがあり、インパクトの仕方によって打ち出し角度とバックスピン量が変化しやすいので安定感はAMTの方が良いと考えます。
UTは打点の安定性、シャフトのしならせ方やインパクトのタイミングが安定していないと球質が少しバラけます。