倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2017年05月28日

素振りに関するご相談です

【読者様からの質問】
「倉木様
いつも楽しく拝見させていただいております。
仕事や家庭の事情(共働き)のため、なかなか練習に行くことができません。現在は週1で打ちっ放し、月に1回程度ラウンドに行っています。

これからゴルフをどんどん上達したいので、自宅での練習方法を教えていただけますでしょうか?

ちなみに、パターとハーフショットの素振りは毎日20回程度しています。

ゴルフ歴3年 ベスグロ100 平均105
177センチ 85キロ ヘッドスピード42です。」



【倉木真二の回答】
自宅での練習を効果的にするためには、まず目標とするスイングを明確にすることです。
その後、その目標としたスイング動作を極端に現したような素振り(形稽古)を行うことが効果的です。
ボールを打たないからこそできる極端な動作です。
ボールを打ちながらではできないことをできることが素振りの強みです。
素振りだけでは上達しませんが、ボールを打つだけでは目先の利益(弾道の結果)にとらわれてしまい、スイングを変化させることが弱くなります。
両方のバランスを取ることが効率的な上達に有効です。