倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2017年01月27日

テークバックをインサイドに引きすぎないためのご相談です

【質問】
「スウィングのイメージについて質問です。
バックスウィングがインサイドに入りクラブがねる癖がある為体感で振るスウィングに変更途上です。
今のイメージは❶テークバックは胸を回すことをキッカケにする事❷アドレスで膝の高さを揃え、膝の踏み込みでリズムを取り胸を回しながら両腕の三角形を崩さないようテークバックする。
❸左腕を意識して頭の横に上げていく
❹ダウンは身体の近くに低く下ろす
❺フォローは右サイドを回して押し込んでいく
表現が上手く出来ませがこんなイメージでいますが
高いトップでダウンブローにインパクトしていくうえで有効なドリル、また今のイメージはこれでいいでしょうかご教示下さい。」



【回答】
テークバックでクラブがインサイドに入らないようにするイメージとしてとても良いと考えます。
最大のポイントはダウンスイングでタメを作れるようにすることです。
テークバックよりもダウンスイングのクラブヘッドの弧(スイングアーク)が小さくなるようにすること、つまり、タメを作ることでクラブヘッドがアウトサイドから降りないようになり、かつ、クラブヘッド入射角が鋭角になり真のダウンブローとなります。
テークバックを高くあげ、そこからタメを作って弧を絞れないとスイング軌道がアウトサイドイン軌道となってしまいます。
テークバックよりもダウンスイングの方がインサイドから降りるのが上級者、プロに共通するタメの動作です。
単にインサイドから下ろすのではなく弧を小さくすることでダウンブローにすることが最大のポイントです。
今、考えているイメージに、ダウンでタメを作り、テークバックよりも弧を絞るイメージを加えるとより良いです。
単にタメを作るだけだと降り遅れの原因となりますのでインパクト直前に手元を止めて目標方向に流れないようにすること(ハンドファーストにしすぎないこと)を意識するのも大事です。
そのためには腕、手首は柔らかく使う必要があります。
この要素を加えると良いと感じます。