ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2017年01月30日

ユーティリティーのシャフト選びのご相談です

【質問】
「倉木様

先日はハイブリッドのシャフトのアドバイスありがとうございました。さっそくフジクラのMCI100Xにリシャフトしようと考えておりますが同じフジクラでMCHがあるのですが何か違いがありますでしょうか?

また 3wの M2 ツアーAD md7x 43インチ 0.5チップカットで現在使用しており、ドロー系で飛距離、方向性と気に入ってはいるのですが、弾道が高くなりすぎるのでシャフトの性能でもう少し低くならないかと考えております。お勧めのシャフト、チップカット等ありましたらアドバイス頂けないでしょうか。ミスは右へのプッシュアウトが多いです。
現在ドライバーは917d2 クロカゲxt 60x メーカーカスタム45インチで自分には合っていると思います。
乱文で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。」



【回答】
MCHとの一番の違いはMCHは番手別設計になっていないということです。
これが絶対的に悪いということにはなりませんが組み方によって仕上がりの性能が変わってしまいやすいことと追加の番手ができた時に流れを合わせることに手間がかかるようになります。
MCIは番手別設計になっているので追加の番手ができた時の流れの合わせ方も容易になります。
3Wに関しては現状よりも少し低くしたいならMT7Xを0.5インチカット、より低くしたいなら9003M7Xを0.5インチカット程度が妥当です。
ただしどちらにしても現状よりもつかまりは弱くなり、右に出やすくなります。
ヘッドのロフト角を少なくする(M1にしてロフト角を減らす)方法でも少しつかまりは弱くなります。



 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法