倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2016年11月26日

シャフト選びのご相談です

【質問】
「【倉木さま】いつもブログ参考にさせていただいております。
相談はドライバー、アイアン、ウェッジのシャフトになります。

現在のセッティングは下記になります。

1W テーラーメイドM2 スピーダEVO657 TS S

3W テーラーメイドM2 ツアーAD DI-7X

4I-PW ヤマハ2015 ツアーモデルPB モーダス105X

50,54,58 ゾディアマスターピース2.0 モーダスウェッジ115

まず、ドライバーですが飛距離が270〜300Yの間で飛びますが、ラウンドの半分でチーピン、右に真っ直ぐが出てしまいます。3Wはほぼストレートからフェードで平均して250Yぐらいでミスなく対応できております。
そこで、リシャフトを考えているのですが同じタイミングで打てるツアーADのDIシリーズで合わせた方が宜しいでしょうか?

アイアンは、今までヤマハ2012ツアーモデルでシャフトをダイナミックX100を使用していたのですが、重さも固さも特に問題なかったのですが、もっと楽にかつ、粘りを感じたいと思い、ヘッドもPBにして軽硬のモーダス105Xに変更しました。すると軽いので簡単に振ることはできるのですが、持ち玉がストレートからフェードだったのが、フックがでるようになり、飛距離が9iで145Yだったのが、プラス10ヤード以上でるなど、全く飛距離のコントロールができなくなりました。そこで、今回は本間の737シリーズを購入を検討しているのですが、シャフトの選択に悩んでいます。ダイナミックのAMTなども検討しているのですがいかがでしょうか。

ウェッジも合わせて相談させていただきたく宜しくお願い致します。

当方のヘッドスピードは、ドライバーで48から50程になります。
スコアは85〜90程でしたが、シャフトを変更してから5回のラウンドで100になってしまいました。」




【回答】
ドライバーはレジオフォーミュラBが良いと考えます。
先端の剛性が高く中間が相対的に低い(と言っても全体的な剛性は高め)ものが合っている、先端が硬めで癖のある剛性が好みなのだと感じます。
DIは手元が硬いのですがチップカットを少なめにしてフェアウェイウッドに使用すると手元の剛性が落ちます。
ドライバーも3Wに近い流れにしたいならレジオフォーミュラBが良いです。
ドライバーの長さを短めにするならDI6Xの方が良いです。
DIは手元の剛性が高いのですが短く組むとバットカット長が増えるので手元の剛性が低下するためです。
アイアンシャフトはモーダス120のXが良いと考えます。
先端の剛性が高く中間が低いので粘りを感じつつ打ち抜いても左に行きにくくなっています。
モーダス105Xは軽くて硬いシャープな元調子なのでDIが合うようなスイングであれば間が作りにくく一気に振り抜けてしまう可能性が高いです。
モーダス120Xであれば間を作れます。
上記のようなセッティングが好みだと感じますのでAMTだとロング、ミドルアイアンはしなりに頼りなさを感じショートアイアンでは硬くシャープすぎると感じる可能性が高いです。
モーダスウェッジ115は手元と先端の剛性の差が大きめで中間から先端にしなりを感じるので好みではないと考えます。
現状のドライバーのスピーダーは先端のしなりがあるので合わないと感じます。