ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2016年11月30日

シャフト選びのご相談です

【質問】
「倉本様

いつも楽しく拝見させて頂いております。

相談はutのシャフトについてです。

当方のセッティングは
1w Diamana R 60X 9.5° 44.5インチ D1
3w Diamana R 70S 15° 43インチ D2
5w Diamana R 70S 18° 42.5インチ D2
4u modus 120X 22° 39.5インチ D3
5i-Sw modus 125S 37.25インチ D2
です。

他のクラブは3wが少し重く感じる以外は特に問題ないのですが、utだけが当たりが薄く、方向性も安定せず、困っております。
アイアンと同じシャフトでは重量フローが崩れるのではないかと思い、同じモーダスで少し軽いものを挿したのが良くなかったのでしょうか。

ご教示いただけましたら幸いです。
宜しくお願いいたします。」



【回答】
ユーティリティーのヘッドとアイアンのヘッドが何か分からないのでシャフトのみの判断となりますがモーダス125Sとモーダス120Xの組み合わせはさほど良くはありません。
振動数だけを見ると120Xと125Sは近いのですがモーダス120の振動数が低めに出るのは相対的に先端の曲げ剛性が高いためであって単純に振動数のフローだけでマッチさせるのは良くありません。
どちらかと言えば120Xの方が厚い当たりをしやすいのでヘッドにも問題があるかもしれません。
重心の深いヘッドだとインパクト直前にクラブヘッドが浮き上がりやすくなるのであたりが薄くなりやすいです。
モーダス125Sに流れを合わせたいなら仕上げの長さにもよりますがMCI110Sあたりが良いと考えます。
モーダス125よりもややウッド寄りの曲げ剛性分布となりフェアウェイウッドとの流れが良くなりますし適度な粘りがあるので当たりも薄くなりにくいです。



 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法