ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2016年10月31日

シャフト選びのご相談です

【質問】
「倉木様

先だってもウッド系のシャフトの選択でご相談させていただきましたが大変参考になりました。
ありがとうございました。
別のセットでのウッドのシャフト選択でも御相談もさせていただけませんでしょうか。

下記のように5アイアンからウェッジに関しては、NS Pro Modus3 Tour130(S)を使っておりまして
最近、集めたばかりでバラバラなウッドのシャフトも剛性分布の近いものにしたいと考えております。
実際に違うセット組んでいるNS Pro Regio Formula Type Mとあまりにも差が出ないようにと
アイアンのシャフトとの相性も考えて、このシャフトで組もうと思っておりますが、
シャフトの重さや長さ、チップカットをして組んだ方が良いなどアドバイスをいただけませんでしょうか。


私ですが、身長172cm 体重75kg DR/HS 44m/s(PRGRレッドアイズポケット計測)
野球をやっていた時の悪い癖が影響してかドライバーでは特にプッシュアウトからのスライスが酷く、
45.25インチのドライバーを2インチほど短く持ってなんとか許せる範囲で飛ぶようになっています。
ちなみにUTは持っていたものがつかまりが良すぎて流れが合わないので使わなくなっています。

どうぞ、よろしくお願い致します。



1W RYOMA MAXIMA Type D (Regio Formula M 55Sにて検討中)
5W RYOUMA D-1 FW#5 (Regio Formula M 65Sにて検討中)
7W RYOUMA D-1 FW#7 (Regio Formula M 75Sにて検討中)
9W RYOUMA D-1 FW#9 (Regio Formula M 75Sにて検討中)

5I~9I MIURA MB-5005  (MODUS3 TOUR130 Frex S)

47~58度ウェッジ   (MODUS3 TOUR130 Frex S)」



【回答】
モーダス130SとレジオフォーミュラMの相性はとても良いのですがフェアウェイウッドへの使用は向いていません。
実質的にチップカットができないためです。
なので剛性を揃えることがやや困難です。
できないことは無いですがフェアウェイウッドの重量が少し重くなってしまう問題が発生します。
他のおすすめはグラファイトデザインのSF6,7,8Sです。
5Wから順に6、7、8と装着すると良いです。
仕上げのクラブ長にもよりますが、チップカットは5Wで0.5インチ、7Wは0.75〜0.875、9Wは0.875〜1.0
程度が妥当です。(5W、7W、9Wのクラブ長ピッチが0.5インチだとして)
長さピッチが0.5インチだからと言ってチップカットを同じ0.5インチにする必要はありません。
これは、シャフトの剛性が違うためです。
(6、7、8と剛性が上がって行くということです)
3本とも同じシャフトであればクラブ長のピッチとチップカット長を合わせる必要がありますがそもそも剛性が違うシャフトの場合はそうする必要はありません。
(余談ですがメーカーカスタムシャフトのフェアウェイウッドなどの場合は考え無しにチップカットしていることが大半です。)
これは現物のヘッド重量、ネック長さなどを計測しないと何とも言えません。
ですが、上記の例を参考に組めば失敗は無いと考えます。
SFは手元の剛性が高めで先端が少し低めのシャフトです。
モーダス130ほど弾き系の剛性ではありませんが少し中間部の剛性が低めの方がフェアウェイウッドの場合は扱いやすくなって良いと考えます。
ドライバーはティーアップできるので中間部分が硬めの剛性でアッパー気味に打っても良いと考えます。
と言ってもレジオフォーミュラMとSFは大きく剛性が変わるわけでは無いので安心してください。
相性は良いです。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法