ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2016年09月30日

ウェッジのシャフト選びのご相談です

【質問】
「前回は3w.ユーティリティシャフトのアドバイスありがうございました!
特に3wツアーad se 7x にしてフィーリングもかなりよくなり弾道、方向性もよくなりました!ありがとうございます!
また質問なんですが アイアンping i25アイアン プロジェクトx6.0を使用していまして、
AW.SWもプロジェクトx6.0を使用しています。ウェッジがもう少ししなる感じ?があってもいいのかなと考えております。
そこでプロジェクトx6.0を柔らかいほうに番手ずらしか、6.5を柔らかいほうに番手ずらしをしたらいい感じになるか?と考えております。どうでしょうか?アドバイスお願いします。」



【回答】
アイアンシャフトがプロジェクトX6.0であればウェッジはウェッジ専用シャフトを装着することが好ましいです。
番手ずらしで剛性は下げられますがカット後シャフト重量が軽くなってしまいます。
ウェッジ専用シャフトの中には重量が大きいながらも剛性が低めになっているものが多数あります。
理由はアプローチスイングでもしなりを感じられるようになることを優先しているためです。
アイアンにプロジェクトX6.0を装着しているのであれば推奨はダイナミックゴールドスピナーWフレックスです。
手元のくびれによりしなりを感じるようになりますが先端の剛性はステップを見るとわかるようにやや弾き系の剛性になっています。
弾き系+手元の粘りという独特な組み合わせになっていてプロジェクトX6.0との相性も良いです。
重量は現状とほぼ変わりませんがしなり感は確実に大きくなります。







ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法