倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2016年08月23日

クラブセッティングのご相談です

【質問】
「いつも楽しく拝見させていただいております。

今回、クラブ一式を買い替えたのですが、
1Wから、UT、アイアンの流れにおいて、
シャフトのマッチングや、重量や長さ、ロフト角、
キックポイントなどの、改善点があるか、ご教授ください。


ちなみにスペックでは1Wが若干重いかな
と感じております。


1W  9.5° 45.5インチ 311g ディアマナW60s

3U  19° 40.5インチ 363g フジクラMCH80s

4U  22° 40.0インチ 369g フジクラMCH80s

5U  25° 39.5インチ 377g フジクラMCH80s

6I 27° 37.5インチ 405g N.S.PRO MODUS3 TOUR105s
以下、SWまでN.S.PRO MODUS3 TOUR105s


また、1Wもう1本所有しており、スペックは
10.5°44.5インチ 308g N.S.PRO Regio Formula MB 55s
です。


出来れば1WはディアマナW60sを使いたいと思っているところです。


よろしくお願い致します。」



【回答】
本当に細かい点まで理想を追求すれば改善点はありますが、今のセッティングでも十分、良いセッティングです。
なので特に変更は必要ありません。
全番手、グリップ重量の差が±1g程度が前提で説明すると1Wが重く感じるのは重量よりも長さに原因があるように感じます。
クラブの長さに対するシャフト重量とヘッド重量の流れが1Wだけ少し重く感じる可能性のあるセッティングなのでドライバーを打つ時だけほんのわずかに短めに持つことでフィーリングが揃う傾向になると考えます。
短く切ってしまうとシャフトの剛性が低くなってしまうので今の長さのまま少し短めに持って打つことをオススメします。






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。