倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2016年06月15日

クラブ選びのご相談です

【質問】
「倉木先生

いつもありがとうございます。
初めてこちらの相談日記で相談させていただきます。

さて、アイアンのシャフトについてご教授ください。

現在アイアンシャフトはDGS300です。
これまで週3回ほど打ちっぱなしに行ってましたが、
仕事環境が変わり、2週に1回程度に減ってしまい2ヶ月ほど経ちます。

それが原因か、やはり筋力が落ちてしまったようで、
1.5時間ほどの打ちっ放しの練習したあと、体へのダメージを
前より感じるようになりました。
特に前腕、右肘(私はレフティです)、体幹(特に背筋)に疲れをかんじます。
右肘はやや痛みも感じます。

スイングの悪さも認識していますが、
もう少し楽なシャフトへの交換も検討すべきかと悩んでいます。
ただ、練習場で振っている時に振れないほどのしんどさは感じてません。
よく触れる範囲でなるべく重いクラブが良いと聞くのですが、
またそう信じてましたが、
ただ、相当筋力使っている認識はあり、
もうちょっと軽く楽に触れるクラブはダメなのかどうか?決心がつきません。

自分にとって最適な重量というのはどう見極めたらいいのでしょうか?

シャフト交換すべきでしょうか?
とすれば、フィーリングは大きく変えずに少し楽なシャフトを教えて頂けますでしょうか?
出来るだけ、ドライバーやウッド、ウェッジは今のまま変えずに使用したいのですが、
アイアンのシャフトを変えるのであれば、その他もシャフト変更はさけられませんでしょうか?

1W M1 TourGT 6X
4W アンサー ATTAS FW 75S
→ M1 3W GT600X 43.25 、5W GT700X 42.5 へ変更計画中
UT i15 20度 セラーノ85H S
→ M1 レスキュー 19度 MODUS Tour105S 40インチ(2番手用使用)へ計画中
旧アンサーアイアン#4ーPW DGS300
グライドウェッジ 52、56度 DGS300

今まで悩みだったドライバーが春からM1に変えてから絶好調なので、
セッティングの中でこれは変えたくないと考えています。
その前提で、アイアンについて、シャフト、併せてヘッドとの組み合わせについて
アドバイス頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。」



【回答】
振り切れる範囲で最適な重量というのは簡単に言うとヘッドスピードや筋力、体重などで判断します。
基本的にアマチュアゴルファーの場合はヘッドスピードに対して相対的に重め、プロゴルファーなどのスイングが洗練されているタイプの場合はやや軽めでも問題ありません。
プロが軽いシャフトを使っているから単純にアマチュアも軽めの方が良い、ということにはなりません。
軽いシャフトの方がヘッドスピードは上がりますが重いシャフトの方がスイングの安定感が高くなります。
MODUS3 TOUR120のSであれば、フィーリングが大きく変わること無く楽に打てるようになります。
曲げ剛性分布は似ていませんがフィーリングはまずまず似ています。が、多少の癖はあります。
他にはMCI110Sなどは癖が少なく楽に打てるようになります。
DG R400を硬くなる方向へ番手をずらす方法やダイナミックゴールドXP、NS1050などへのリシャフトも有効です。
ヘッドは今のままでも特に問題ありません。