ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2016年05月30日

インパクト時の左サイドの伸び上がりに関するご相談です

【質問】
「倉木様

いつも拝見し参考にさせて頂いております
また質問させて下さい
ダウンスイングで左サイドが伸びあがりインパクトで
薄い当たりが多いです
伸びあがりをおさえミート率を高めた厚いインパクト
の良い練習法やドリルがあればご教授お願いします」



【回答】
伸び上がりを抑えて厚いインパクトを作るポイントはダウンスイングで上体の開きを抑えることです。
また、上体の前傾角度を保つようにすることです。
クラブを横に振ろうとしすぎたりボールを上げようとしすぎると左サイドは伸び上がります。
ロフト角が立ったアイアンなどを使用するとこのようなスイングになりやすいです。
普通に打つと弾道が低くなるために上げようとしてしまうためです。
動作を学ぶ有効なドリルはボールを地面に叩きつけるイメージのシャドースイングです。
ゴルフボールを右手に持っているイメージでシャドースイングし、ダウンスイングで右手に持ったボールを右足の右斜め前方に叩きつける動作をすることです。
そうすることで上体は開きませんし上級者はこの動作ができています。
顔の向きもインパクトでは正面を向かず少し右を向く形となります。
私が執筆した「究極のゴルフスイング」教材で詳しく説明していますので興味がありましたら参考にして欲しいと思います。

http://1golf-jyoutatu.com/sw







ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法