倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2016年02月24日

インパクトでかかとが浮くことに関するご相談です

【質問】
「質問があります。
私はダウンスイング、特にインパクト前に両足かかとが浮き、つま先立ちになってしまいます。
撮影した自分のスイングを見て体重移動ができてないのか?テークバックで左膝を右に動かし過ぎてるからなのか?手打ちで力んでるからなのか?など色々考えたのですが…

何が原因でつま先立ちになるか、そして改善するための練習方法を教えて頂けたらと思います。
よろしくお願い致します。」



【回答】
つま先立ちになること自体は、悪いことではありません。
縦振りだとインパクトでつま先立ちになりやすいです。
クラブを上から下に打ち込むように振り下ろすからです。
振り下ろす反動で下半身が浮き上がり、つま先立ちになります。
これは悪いことではありません。
ちなみに、横振りが強すぎるとかかと体重になります。
もし、縦振りすぎるスイングになっているとしたら、縦振りを弱めて妥当なスイングプレーンに修正すればつま先立ちは弱くなります。
ゴルフショップにあるサイエンス・アイのインパクト時のライ角が見られるカメラなどを使用すると縦振りすぎるかどうかの判断の精度が上がります。
打点がクラブの先端(トー側)に集中するようであれば縦振り過ぎると考えて良いです。
また、下半身が伸びあがろうとした時、一緒に上体の前傾角度が起き上がってしまうと良くありません。
下半身は伸び上がっても良いのですが上体の前傾角度は保つように意識してください。
インパクト時に懐に空間ができるようなイメージ、下半身の伸び上がりを腹、胸で受け止めるイメージが有効です。





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。