倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2015年11月21日

アイアンシャフト選びのご相談です

【質問】
「いつも楽しく拝見させて頂いていると共に大変勉強になります。

当方55才、173cm、64kgでHCは4.4です。
アイアンリシャフトについてご相談お願いします。

現在、エポンAF303にモーダス125Sで組んでいます。
球筋はほぼストレートです。
弾道や飛距離などに問題を感じてないのですが、時々重いせいかダフることがあるのと、ゴルフ翌日は筋肉痛(特に腰)が出てきました。
そこで、リシャフトを考えていますが、モーダス105にした場合はSなのかXにすべきか?迷っています。
24度のユーティリティーシャフトはMCH100Sでここからの流れも考えたいです。
ちなみに、ドラのヘッドスピードは46〜47。
スイングはテークバックが大きめです。
何卒よろしくお願いします。



【回答】
個人的には、NS PRO1050(以下、NS1050)のSが良いのではないか、と感じます。
MODUS3 TOUR105(以下モーダス105)にする場合、フレックスの選択が微妙な所です。
ただし、目的がNS1050よりモーダス105に最適なものなら、それでも問題ありません。
MCH100とモーダス105の組み合わせは基本的には大きく悪くありません。
MCHはモーダス105と比較して、相対的にシャフトの手元側が硬めの剛性です。
しかし、先端の剛性も少し高めなので、カーボンの割には粘り気があります。
と言っても、モーダス105ほどの粘りはありません。
ウッドにマッチするような、スタンダードしなりの中に、わずかな粘り感がある、という感じです。
MCHのようなスタンダードで粘り系の割にオートマチックに打てるような雰囲気で、適度な癖のなさ、弾き感を求めるなら、モーダス105のXの方が良いです。
逆に、いかにもアイアンらしい、低く打ち出す粘りのある、ラインを出せる、ボールを押せるような粘り気を優先するなら、Sが良いです。
アイアンとウッド、ユーティリティーのスイングに差を出すイメージならば、Sの方が良いです。
ウッド系に近づけるなら、Xの方が良いです。
MCH100のSの手元の硬さはモーダス105のXに近く、先端の硬さはモーダス105のSとほぼ同じです。
アイアンシャフトはウッドより手元を軟らかくしても問題ありません。
アイアンらしい低く打ち出すショットをイメージする場合はその方が良いです。
ウッドのようなオートマチックさをイメージするなら、モーダス105のXの方が良いです。
流れだけを考えるなら、最初に書いたように、モーダス105よりも、NS PRO1050(以下NS1050)のSの方が良いと私は感じます。
NS1050は手元の剛性はモーダス105のXやMCH100のSに近く、先端の剛性はモーダス105のSやMCHのSに近いです。
モーダス105のSとXの中間に近い感じで、MCHとの流れも良いです。
ただし、MCHからの流れよりもアイアンらしい粘り気をより優先すなら、モーダス105のSが良いです。
どれを選択しても問題はありません。
目的に合うものを選択する、というようにしてください。