ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2015年11月30日

ウェッジシャフトのご相談です

【質問】
「倉木先生

クラブ選びでお世話になっております
今回はウエッジのシャフトについてアドバイスを頂きたくメールいたしました。

アイアンシャフトをMCI100Sにして、ウッドはTOUR AD PTを中
心に組みました。
DRは現在PT5Sで練習していますが、先生ご指摘のように
「MCIのような素直な撓り感よりもシャープな弾き感が強まるので、フィーリン
グの乖
離は出ます。」
その通りで多少の慣れが必要だと思いますが、飛距離には満足しています。

で、ウエッジのシャフトについてなのですが、今まではDGのウエッジフレック
スで重
くドローンとした感じが好きでしたが、少し軽いシャフトに変えようと思ってお
ります。
MCIの流れから考えて、MCI120S、またモーダス105S、120S、
最新のモーダ
ス105ウエッジや115ウエッジとかはどうかと考えておりますが、何がよい
でしょう
か?ウエッジはボーケイ52-08、58-11です。

お忙しいところ申し訳ないのですが、アドバイスよろしくお願いいたします。」



【回答】
AWやSWはネックが長く、さらに、PWよりも短くする場合はシャフト単体の長さが短くなります。
その結果、PWと同じシャフトを使用した場合、カット後のシャフトの重量がPWよりも軽くなります。
そのため、今考えているようにPWのシャフトよりも少し重めにするのが良いです。
さらに、AW、SWはハーフスイングを多用します。
ハーフスイングは、クラブが重めの方がテンポが安定します。
そういった理由からも少し重めが良いです。
質問内容を見ますと、それを理解しての質問だと思いますので、問題は、その先の「MCI100との重量やシャフト剛性のバランスが良いモデルは何か」「似たような粘り気があるものは何か」という部分だと思います。

オススメはMODUS3 TOUR120のS(以下モーダス120S)です。
重量的には、同じ長さで換算すると6〜7g程度モーダス120Sの方が重くなります。
なので重量フロー的には最適です。

シャフトの剛性的にも相性は良いです。
MCI100Sよりもモーダス120Sの方が手元が軟らかく先端が硬くなります。
さらに、モーダス120Sは相対的に中間部分が軟らかいので、粘り感(シャフトの動き感)が出ます。
MCI100Sのような粘り感を、ハーフスイングでも感じることができ、フィーリングの相性も良いです。

MODUS3 TOUR105のS(以下モーダス105S)の場合、MCI100Sと同じ長さでシャフト重量を比べるとMCI100より軽くなります。
かつ、全体的な剛性がMCI100を下回るので、MCI100Sのような適度にずっしりとした粘り感が出ません。
もう少し軽快なフィーリングとなります。(あくまでウェッジシャフトで使用した場合のMCI100Sとの比較において、です。基本的には粘り感のあるスチールです)

MODUSウェッジは105、115、ともに重量の割に剛性が高めなので、意外と粘り感が弱く、MCI100Sのようなフィーリングとマッチしません。
ボールがフェース面で食いつかずに滑るような印象を持つかもしれません。
実際、ボールがフェース面で食わずに滑って低く出るような弾道がでることがあります。
MODUSウェッジ125にすれば少し粘り感が出てきますが、モーダス120のSの方が重量と剛性的にMCI100Sとの相性は良いと考えています。
そういった理由から、モーダス120Sがオススメです。

 
 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法