ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2015年08月31日

スクエアグリップで上手く打つコツ

おはようございます、倉木です。

今日の毎日ワンポイントレッスンは

「スクエアグリップで上手く打つコツ」

です。


■スクエアグリップで上手く打つコツ

スクエアグリップで上手く打つコツは

「グリップを軟らかく握ること」

です。

スクエアグリップはフェースをターンさせることが基本です。

そうしないと飛距離が出ませんし、ボールがつかまりません。

フェースの開閉をしようとする動作によって、ヘッドスピードが上がります。
(フェースの開閉そのものがヘッドスピードを上げるわけではない)

そのフェースターンをするために有効なのが、グリップを軟らかく握ることです。

グリップを軟らかく握ることで手首のスナップが効き、フェースをターンさせやすくなります。

そういった理由から、スクエアグリップの場合、グリップを軟らかく握ることが有効です。

スクエアグリップで上手く打つコツは、グリップを軟らかく握り、フェースターンを行いやすくすることです。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法