倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2015年07月27日

ピンタイプパターを使うコツ

おはようございます、倉木です。

今日の毎日ワンポイントレッスンは

「ピンタイプパターを使うコツ」

です。


■ピンタイプパターを使うコツ

ピンタイプパターを使うコツは

「ストロークのテンポを速くしすぎないこと」

です。

ピンパターは、重量がトウとヒールに分散されていて、基本的に、慣性モーメントが高いヘッドになっています。

慣性モーメントの大きさは、ヘッドの長さ、重さ、重量配分によって変わりますが、基本的に慣性モーメントが大きいのがピンパターの特徴です。

慣性モーメントが大きいヘッドは挙動が安定します。

これは、メリット、デメリットがあります。

メリットは、芯が大きくなることです。

デメリットは、素早いストロークに対応しづらく、反応が遅めなことです。

なので、操作性を重視し、素早い切り返しをする打ち方は合いません。

そういった理由から、ピンパターを使うコツは、ストロークのテンポを速くしすぎないこと、となります。