倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2015年07月29日

目玉のバンカーショットのコツ

おはようございます、倉木です。

今日の毎日ワンポイントレッスンは

「目玉のバンカーショットのコツ」

です。


■目玉のバンカーショットのコツ

目玉のバンカーショットのコツは

「フェースを開かないこと」

です。

フェースを開かず、普通にハンドファーストで構えます。

スタンスはオープンスタンスで、アウトサイドイン軌道で打ち込みます。

アウトサイドイン軌道にするのは、クラブヘッドが上から鋭角に入るためです。

そうすることで、クラブヘッドが潜りやすく、目玉からの脱出の確率が上がります。

フェースを開くとバンスが効いてしまい、ヘッドが深く潜りません。

また、フェースを開くとフェース面の高さが低くなり、打点が不安定になります。

目玉は打点がズレやすいので、フェースを開くと打点がさらに不安定になります。

目玉のバンカーショットのコツは「フェースは開かず、普通に構え、オープンスタンス&アウトサイドイン軌道で打ちこむこと」です。