倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2015年05月29日

アイアンで高いボールを打つコツ


こんばんは、倉木です。

今日は

「アイアンで高いボールを打つコツ」

というお話をします。


■アイアンで高いボールを打つコツ

アイアンで高いボールを打つコツは

「アイアンのロフト角を大きくすること」

です。

高いボールを打つために最も簡単な方法はロフト角を大きくすることです。

最近のアイアンは飛距離を重視するあまり、ロフト角が少なくてボールが上がりにくいものが多くなっています。

5番アイアンで37.75〜38インチ程度でロフト角が23〜24度、という、非常に立っているモデルもあります。

そういったクラブを使っていて弾道が低くて困っているのであれば、ロフト角をもっと大きくするか、ロフト角が大きいアイアンに交換することです。

次に、シャフトの長さや硬さ、キックポイントを見なおして下さい。

基本的に、シャフトは長く、中間が硬めで先端が軟らか目なシャフトほどボールが上がりやすくなります。

単純に軟らかくて軽いからボールが上がりやすいとは限りません。

クラブに問題が無くても弾道が低いようだったら、スイングを見直していきます。

最近のアイアンは弾道が低くなる傾向があります。

そのようなアイアンで無理に高いボールを打とうとするとハンドファーストが出来ないスイングになってしまう恐れがありますから、注意して下さい。