倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2015年04月28日

下半身リードが出来るようになる方法


おはようございます、倉木です。

今日の毎日ワンポイントレッスンは

「下半身リードが出来るようになる方法」

です。



■下半身リードが出来るようになる方法

トップからの切り返しは下半身から行うことが重要です。

ですが、下半身リードができずに飛距離ダウンして悩んでいるゴルファーは多いです。

その下半身リードを強制的に出来るようにする方法があります。

それは、「大げさなヒールアップをする」という方法です。

一本足打法でも良いです。

そうすることで、トップからの切り返しを強制的に下半身リードにすることができます。

下半身リードができるようになると飛距離、方向性が圧倒的に向上します。

理由は、スイング軌道がストレートに近くなるためです。

トップからの切り返しを手で行うとアウトサイドイン軌道になります。

そのため、ボール初速が遅く、バックスピン量が多く、打ち出し角度が高すぎる飛ばない弾道になります。

スライスするので方向性も悪いです。

下半身リードができるようになるとスイング軌道がストレートに近くなるためボール初速が高くなり、バックスピン量が最適になり、打ち出し角度も最適になり、飛距離と方向性が向上します。



※追伸
下半身リードを完全にマスターして飛距離と方向性を向上させるだけにとどまらない圧倒的な飛距離アップノウハウを、私が執筆した「飛ばしの要諦」教材で説明していますので、ぜひ、参考にして下さい。


飛ばしの要諦

http://1golf-jyoutatu.com/tb/