倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2015年04月30日

打点がヒールに集中してしまう原因と対策


おはようございます、倉木です。

今日の毎日ワンポイントレッスンは

「打点がヒールに集中してしまう原因と対策」

です。



■打点がヒールに集中してしまう原因と対策

打点がヒールに集中してしまう原因は

「スイングが横振り過ぎる」

ということです。

横振りが強いと打点はヒールに集中します。

ひどい場合だとシャンクが頻繁に出るようになります。

横振りになりすぎてしまう原因は

・ボールとスタンスが離れすぎていること

・下半身リードが強すぎて腕が振れていないこと

です。

打点がヒールに集中するからと言ってボールと離れて構えるとスイングプレーンがフラットになってますます打点がヒールに集中するようになります。

また、下半身リードが強すぎて腕の振りが弱すぎると振り遅れの横振りになってしまいます。

対策はボールに近く構え、かつ、下半身の回転に対して弱すぎる腕の振りを強めることです。



※追伸
下半身と腕の振りのバランスを整えて打点がヒールに当たらずに芯に集中するようにする具体的な方法は私が執筆した「アイアンショットの極意」教材で説明していますので、ぜひ、参考にして下さい。



・アイアンショットの極意

http://1golf-jyoutatu.com/ai/