倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2014年11月22日

アイアンとドライバーの弾道の違いについてのご相談です

【質問】
「はじめまして 倉木様。
いつもこのブログを見ながら参考にさせていただいております。
さて今回質問させていただくのは、アイアンのスイングについてです。
ドライバーにいつも安定感がないため、テイクバックでトップ時に左手の甲が手のひら側に曲げ、インパクトを左手の甲でボールを当てにいく方法に変更しところ、ティーショットでのOBが無くなり、ドロー系の高弾道(中弾道だともっと良いけど)で飛距離も240〜250は平均出ているようになり、プッシュアウト・チーピン激減で「出鼻をくじかれた堪忍のゴルフ」から脱却して満足しているのですが、逆にアイアンすべてがドローと言うかフックになり残り50〜70でもグリーンをはずすケースが多くなりました。
自分が思うにドライバーに比べると左肩の入りが甘いためアウトサイドインになるのが原因と思うのですが、しっかり打てない距離の時の対処はいかにすれば良いのでしょうか。
以前は若干ストロンググリップで今に比べると縦ぶりだったと感じます。
ただ、今の方が打感も良く、ミート率が高く感じます。
ティーショットのスイングとセカンド以降のスイングを変えるのか、ウッド系・アイアン系とでスイングを変えるのか、変更した今のスイングで統一するのが良いのかご指導願います。

使用クラブ 1W    キャロウェイ ハイパーERC 9.5度 (シャフトクワトロテックMD6S)

      5W    テーラーメイド Vスチール (純正REAX PLUS S)

      UT    テーラーメイド レスキューDUAL (4番 22度 スチール S)

      5I〜PW ワークス DYNA−X01 TOUR (オリジナルスチール S)

      AW    日本ハンドメイド トリプルソール角溝 (DG S200 52度 バウンス10度)

      SW    日本ハンドメイド トリプルソール角溝 (DG S200 58度 バウンス16度)

      SW    テーラーメイド RAC TPブラック (DG S200 58度 バウンス8度)

ヘッドスピード 47m/s   平均スコア 90(最近93ぐらい)  平均パット数 37 
年齢 44歳 身長 174cm 体重 87kg 体系 メタボ」



【回答】
トップで手首を手のひら側に折るとフェースはかぶります。
これが、ボールがつかまる原因です。
ドライバーはフェースが返りにくいモデルなのであまりドローしないのだと思います。
しかし、アイアンはフェースがターンしやすいモデルですからややドローするのだと思います。
これは、クラブの特性の問題です。
ドライバーのヘッドが大型した現状では、ドライバーとアイアンのスイングを少し変える必要があります。
具体的には、アイアンの場合は左手首の折り具合を少し弱めるなどしてつかまりを弱くして下さい。
ドライバーと同じようなつかまえかたをするとボールがつかまり過ぎてしまいます。
特にスイングに大きな問題があるように感じません。
ドライバーとアイアンのスイングの調整がまだ出来ていないだけだと思います。
そういうものだと思って、アイアンは少しつかまらないように調整してみてください。