倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2014年09月12日

アイアンシャフト選びのご相談です

【質問】
「はじめまして。

アイアンのシャフト選択についてご質問がありメールいたしました。

現在アイアンはタイトリストCB712でNS950のSシャフトを使用しており、クラブの重量は下記の通りです。
スチィールシャフトは全てNS950です。

1w 316
3w 332.5
5w 340
4u 360
5u 392
5i 410
6I 416
7I 423
8I 430
9I 436
Pw 442
52 445
58 452

質問1.

CB712の重量が軽かったため、現在5i〜PWには10gの鉛をグリップ側に付けています。
またライ角を適正に合わせてもフック傾向がある。
加えてロフトが寝ているヘッドなので、もう少し飛距離を出したいことからMODUS3 120 Sへのリシャフトを考えています。

この選択は正解でしょうか?

質問2.

MODUS3へリシャフトした場合、ウエッジが軽量となり重量バランスが悪くなると思いますが、ウエッジもMODUS3に変更したほうがよいでしょうか?

ちなみにドライバーのヘッドスピードは、45程です。

よろしくお願いします。」



【回答】
質問1
NS950からMODUS3 120Sにリシャフトしても、基本的に飛距離は変わりません。
飛距離アップを目的としてMODUS3 120Sへリシャフトするのが正解かどうかと言うと、正解ではありません。
ただし、弾道が低くなることで、ショートアイアンの飛距離が伸びることは考えられますが、本質的な飛距離アップではありません。
重量アップが目的であれば、MODUS3 120Sにすることは間違いではありません。
ヘッドスピードに対しても、ドライバー重量に対しても、最適です。
712CBのロフトが寝ているとのことですが、日本仕様であれば、5Iで26度、以下4度ピッチなので、寝ているというほどではありません。
飛距離を伸ばしたいならシャフトを少し長くすることです。
グリップ重量が少し重めのものを選び、スイングバランスが上がり過ぎないように考慮して下さい。
スイングバランスが上がり過ぎるとヘッドスピードが低下して飛距離ダウンします。
適正ライ角の定義が分かりませんが、ライ角に問題が無くてもフックするというのであれば、他の部分の対策も必要です。
NS950よりMODUSの方が弾道が低く左に行きにくくなりますので、フック対策には合っています。

質問2
ウエッジもMODUS3 120Sよりも重いシャフトにしたほうが良いです。
フルショットよりハーフスイングのスイングテンポの安定を重視するならより重いダイナミックゴールドでも良いでしょう。

ヘッドスピード45m/sくらいであれば、712CB日本仕様のNS950Sで170ヤードくらいが適正な飛距離になります。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。