ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2014年09月29日

フェアウェイウッドの飛距離に関するご相談です

【質問】
「いつも、楽しみにブログ拝見しております。
当方、最近ボデイターンで打てるようになってきておりフェアウェイウッドについてですが

3w インプレス 2007 ランバックスXシリーズ R
5w キングコブラスピードLD 純正ツアーAD R

を使用しておりますが、

5wの方がヘッドの重さを感じとれ(明らかにヘッドが重く感じます)切り返しのタイミングがとり易いのです。

ヘッドスピードは

1w 46位
3w 43位
7I  41位

の測定です。

具体的には、3wより5wのほうが楽に距離が出てしまうのです。

3w=220 5w=230

シャフトはSやXでも打てそうなのですが、Rの方がしなりを使えてかえって飛びます。

ヘッドスピードとシャフト硬度がマッチするほうが飛びそうなのに、しなりを作れなければ柔らかいシャフトのほうが飛ぶのは何故なのでしょうか?

抽象的な質問お許しください。」



【回答】
ヘッドの重さを感じるのは、スイングバランス(D1とか、D2というアレです)シャフトのしなり方、硬度によって変わります。
そして5Wの方が飛距離が出るということですが、理由は2つ考えられます。

1つは、弾道が最適化されている、という点です。

飛距離は、弾道の

・打ち出し角度
・ボール初速
・バックスピン量

で決まります。

この数値が、3W飛距離の出る数値になっているのだと思います。

フェアウェーウッドですと、

・打ち出し角度 14〜17度
・バックスピン量 2200〜3000rpm

くらいが、最も飛距離が出ます。

5Wの方が、3Wよりも良い数値になっているのだと思います。
可能性は十分にあります。
3Wは、ロフト通りに打たないと飛距離のでないシビアさをもっています。

少しでもロフトが立ってしまうと、相当ヘッドスピードが無いと失速して飛距離ダウンします。
逆に、5Wの場合は、少しロフトが立った状態でインパクトすると3W並に飛距離が出ます。
このように、5Wの方が良い数値が出ていることが理由の1つです。
もう一つは、5Wの方が軽くて振りやすいためにヘッドスピードがアップしている、という可能性です。
軽いクラブの方が、基本的にはヘッドスピードは出ます。(安定性は欠けますが)
5Wの方が、同じ長さに換算した時、わずかに軽くなるので、ヘッドスピードが上がっているのかもしれません。
また、ヘッドが効くようなバランスになっているとヘッドスピードが上がりやすい、というタイプの方もいますから、そういう要因もあるかもしれません。
解決策は、ロフト角通りに打つ、ということだと思います。
そうすれば、5Wは飛距離が落ちますが、3Wは飛距離が伸びて、逆転すると思います。
ただ、3Wをどうしても使わなければならない理由など無いですから、今のままでも大丈夫です。
5Wの弾道が高くなり、飛距離が落ちたら3Wが打てるようになると思いますので、
その時に3Wを多用すれば良いと思います。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法