倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2014年07月22日

インパクトのイメージに関するご相談です

【質問】
「ご質問があります。
インパクトでよく「捌く」という表現がありますが、これはビンタをするイメージで良いでしょうか?
またフォロースルーにかけて「押す」イメージと合わせると今一つイメージがまとまりせん。
コックのドリルの様なイメージのしやすいドリルはないでしょうか?」



【回答】
捌く、はビンタのようなイメージです。
手首を柔らかく使って、クラブヘッドを走らせることです。
フォローで押すというのは、ビンタとは少し違いますね。
ビンタ、押す、どちらのイメージが良いかは、今、どんなスイングをしているか、で決まります。
インパクト時にヘッドファースト(手元よりクラブヘッドが先行する)になる場合、押すイメージを持つと良いです。
押すイメージは、ハンドファーストのインパクトを作ります。
インパクト時にハンドファーストが強すぎる場合、振り遅れているので、ビンタのイメージを持つと良いです。
クラブヘッドの戻りが早くなり、ハンドファーストが弱まります。


 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。