ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2014年02月28日

クラブセッティングのご相談です


 
【質問】
「倉木様
いつもブログ拝読させていただいております。
さっそくですが、クラブセッティングの全体的なバランスとアイアンのシャフトを思案してます。
アドバイス頂ければ幸いです。

●自己紹介
HS:量販店での診断はドライバー43
年齢:39歳 身長:176p 体重:78s 性別:男 平均スコア 100前後
ラウンド時 
飛距離目安:1W 平均200y
          7I 平均140y
         PW 平均100Y
本格的に始めたのは昨年10月、体育大学出身なのに会社のコンペでスコアが悪くそれ以来
レッスン 半年 その後 週1回練習、自身のスイングを撮影確認 月1、2回ラウンド
ゴルフ本・雑誌・DVD・テレビ 仕事以外はゴルフ事考えてます^^

球 フェード ウッドは気を抜くとカットに入りスライス、左のミスが多いです。
よく聞きます練習場ではナイスショット、ラウンドではうまくいかない
(1ラウンドだいたいPTは35程度、パー5回、ボギー5回、あとはそれ以上です。)
練習場では自分のスイングを見ながら改善してますが、
ラウンドは打ち急ぎのミスがほとんどです。ダウンスイングで左スウェー
腰が流れて・またはカット打ちで左のミス
アンアンは楽にテイクバックからトップに入って
深く捻転せず、すぐ打ってしまいショート 
ショートゲームは割と問題はないように思います。

●使用クラブ
1W- PING /JP G25 10.5°/ ランバックスタイプS 55:S 45.25 313g 
※差し替え用ランバックスタイプX 55:S あり(調子が両極端ですがランバックスFWに両方相性がいいとの事で試に購入してしまいました)
4W- PING /JP G20 16.5°/ ランバックスFW 75:S 341g 
7W- PING /JP G20 21°/ ランバックスFW 85:S 355g 
4H- PING /JP G25 23°/ CFS:S 407g D2
5 i〜 PW- PING /JP G25 IRON/ CFS:S 416g〜447g D0
AW- PING /JP TOUR WEDGE 50°/ Dynamic Gold:R300 35.5 461g  
SW- PING /JP TOUR WEDGE 56°/ Dynamic Gold:R300 35.25 469g 
LW- PING /JP EYE2 XG ('12) 60°/ Dynamic Gold:R300 35 470g 
Short PT- PING /JP
※ウッド、ウェッジのバランスは量ってません 
※PINGのメーカーカスタムシャフトはR400は現在なくR300まで

●本題
思案中のアイアンシャフトは Dynamic Gold:R400です。
以前、SWはR400を使用しており、感じがよかった記憶があります。
SWですので、勘違いかもしれませんが、振り切れる範囲で重く、
やわらかめ、スイングを作る面でも、また、ラウンドで打ち急ぎによるミスや
浅いコック・捻転による飛距離不足が多いので改善されるのではと思いました。
保険でPING /JP G25 IRON/ CFS:Sをリシャフトせず保管し
5 i PW- SRIXON SRIXON Z525 IRON/ Dynamic Gold:R400  430g※おそらく 
の購入を考えています。
仮にR400に変えた場合、ウェッジは同じR400でしょうか、
UT、ウッドのシャフトはどのように変更していけばよろしいでしょうか?
DGR400の相性(調子等)やウッドの重くやわらかいシャフトなんてなかなか見つかりません。
お勧めありましたら教えて頂ければ幸いです。

お忙しいところ恐れ入りますがよろしくお願い致します。」



【回答】
ウェッジは同じR400でも問題ありません。
ウェッジのシャフト選びは、ハーフスイングでの性能も考慮する必要があります。
フルショットを優先するか、ハーフスイングを優先するか、どんな弾道を打ちたいか、などを考える必要があります。
低く打ち出してスピン量が多めになるような弾道が良いのであれば、R400は良い選択です。
似たようなウッド用カーボンシャフトは、日本シャフトのGTシリーズがオススメです。
50g〜80gまでラインナップがあり、すべてRの設定があります。
癖のない適度なしなり感があります。
フェアウェイウッドならGT800のRあたりにすると、DGR400とのフィーリングも似てきます。
アウトサイドイン軌道を適度に改善する(ためを作ってくれる)要素もありますので、オススメです。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法