ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2013年12月31日

フェアウェイウッドのシャフト重量に関するご相談です


【質問】
「倉木様
ありがとうございます。
もう一点だけ質問なのですが、市販のフェアウェイウッドはシャフトが軽すぎる気がします。初心者なのでアイアンはゼクシオ•スチール•S、ドライバーはMP600M•Sを利用していますが、なかなかこれに合ったウッドがありません。
シャフトで合わせにいくと難しいクラブになってしまうのですが、出来ればリシャフトなしでオススメのウッドがあれば紹介していただきたいです。
ドライバーと合わせるとシャフト61g以上になりますが、この観点で市販のクラブ探すのは難しすぎますでしょうか。
50g台のシャフトのウッドは避けた方がよいですよね?




【回答】
重量バランスを考えると、60g台のシャフトが最適です。
ゼクシオフォージドFWであれば、最適なシャフト重量です。
グリップはドライバー、フェアウェイウッドで重量を揃えると良いでしょう。
50g台が絶対にダメ、ということは無いのですが、そのデメリットを理解しておく必要があるということになります。
デメリットは、クラブが軽いのでボディーターンを覚えにくくなることです。
なので、もし、50g台のシャフトにしたら、あまり練習場で打込み過ぎないようにしてください。
スイング作りには使用しないことです。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法