倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2013年10月28日

クラブセッティングに関するご相談です


【質問】
「倉木様
 
初めまして。
 
いつも興味深く拝見しております。
 
ここ2〜3年、試行錯誤(ある意味楽しみ)しながら、クラブセッティングをしています。
非力なので、普通に販売しているもで合うものが多いとは言えず、オーダメード可能な製
品から選択することが多くなってきています。
 
いままでのご意見を拝見すると、7W、5Uのシャフトが少し軽いと思いますが、大きな
問題となりますでしょうか。
 
また、倉木様の目からみて、セッティングで全体的にアドバイスがあれば是非いただきた
くよろしくお願いいたします。

小生  性別 男  年齢48歳  身長 165cm  体重 45kg
        ヘッドスピード 36-38 (Dr)
        ドライバー飛距離 160Y〜180Y(ラン込)
 
現在のクラブセッティングは以下となっております。
 
1W  TaylorMade r7 425  ROMBAX 4X07 R2 45.0inch 299g
 
5W  SYB FC-714  ROMBAX FW55 R2 42.5inch 319g
7W  SYB FC-714  ROMBAX FW55 R2 41.75inch 325g (TipCut 0.4 手元2g鉛貼り)
 
4U  MYSTERY C-HT811  MCH60 R 40.0inch 347g
5U  MYSTERY C-HT811  MCH60 R 39.5inch 352g (手元2g鉛貼り)
 
5I  FOURTEEN HI-550 NS750GH R 38.75inch 378g
6I〜PW  FOURTEEN TC550Forged NS750GH R  37.5inch 392g 〜 35.5inch 419g
 
50°FOURTEEN MT28 JSPECU NS850GH R 35.25inch 431g
56°FOURTEEN MT28 JSPECU NS850GH R 35.0inch 436g

以上」




【回答】
試行錯誤しているだけあって、とても良いセッティングです。
これと言って問題に感じる点はありません。
ユーティリティーのシャフト重量も、問題ありません。
とても良いセッティングです。

アドバイスとしては、ドライバーの飛距離を伸ばしていきたいなら、もっと長くして行っても良いでしょう。
R7はヘッド重量調整の幅がひろいですから、長尺化に向いています。
ヘッド重量を軽くすると、ボール初速が低下しますが、長尺化によるヘッドスピードアップの方が圧倒的に勝ります。

つまり、1インチ長くしてバランスを取るためにヘッド重量を6g軽くすることでボール初速ダウンすることよりも、1インチ長くしてヘッドスピードアップする要素の方が、圧倒的にプラスである、ということです。

フェアウェイウッドもFC714の5W(18度)だとヘッド重量的に42.5インチあたりがバランス的に上限になってきますし、このヘッドはライ角がフラットなので少し右に行きやすいです。
また、ロフト角の割にバックスピン量が少なくなりやすいので、トップ気味にヒットすると、ボールが低くなりすぎてしまうことがあり、ややシビアなヘッドです。

同じSYBでもW422V、3Wの17度にすればヘッド重量的に43インチ取れるし、やさしさ、つかまりも増し、飛距離アップが狙えます。
ボールの上がりやすさも増します。
この17度の3Wはとても良いです。

とはいえ、もちろん、FC714の5Wでも問題ありません。
こちらの方が強い弾道になるので、そういう弾道が好みならば、FC714の方が良いです。
また、フックも出にくいです。

ユーティリティー、アイアン、ウェッジ、共にとても良いです。
特にアイアンヘッドはシンプルな形状ながら、本当に素晴らしい設計です。
ライ角の調整などをしながら、長く使ってほしいと思います。
フォーティーンとSYBのクラブは、重心の設定が非常に考えられて設計されていますので、とても良いです。
ただ、良くも悪くも、遠藤製作所や三浦などと比べると品質のバラつきが少しありますから、それを良い方向に活かして使ってみて下さい。
(公差を利用して自分にあったものをチョイスするということです)
アイアンはライ角、ロフト角調整して、まずは公差を是正し、そして、自分にあったライ角などのスペックを模索してみてください。

全体的にとても考えられた良いセッティングです。